学歴ロンダリングで人生を切り開く

東大の大学院に入り最終学歴をそこにすることで、「東大卒です」と主張する(正確には「修了」だが)。在学中は「東大生」を誇り高そうに周囲に流布する。誰でも入れるような大学(学部)から、誰でも入れる東大院の研究科(研究室)に入って、東大学部生のレ...

自分語りと自己承認について

ほとんどの自分語りは自己承認を求めていたり武勇伝を語りたいだけで、それらが透けて見えとても気持ち悪く感じる。おおっぴらにしているのにも関わらず自分しか見ていないのだ、ネットによる他者の疎外といえるのではないか。 パソコンやスマホの前では誰...

理系学生のよくある勘違い

文系のレポート、理系のレポート そんな人文の授業では、レポートが課されたりもする。そして人文系の授業を受け持つ先生は、8割がたこう言うのだ。 「レポートは長ければ長いほどいいです」 一方理系の授業のレポートではほぼ間違いなくこ...

「XXXX、そんなに素晴らしい事ですか?」という質問には答えられない

ブログで偉そうに書いてる事って、だいたい誰か既に言ってたり、本に書いてあったりする。 書く前にググったりしないんだろうか。リンク貼ってコメント添えりゃ出来上がりやん。 自分の体験を延々と話すのも分からない。 何がオモロイの?ロッキンジ...

ヘイトスピーチを批判するとヘイトスピーチになりかねないというジレンマ

「ヘイトスピーチするネット弁慶はボランティア行け」がイラつく理由 「ヘイトスピーチは悪い」「レイシストは悪い」本来はこれだけで良いはずだ。 でも、反差別を声高に主張したい。力強く語りたい。 正義の立場と言葉の力みが、自らの抱く無自...

「子供を守って死ねるか?」なんて考える必要はない

というより、恐らく自分だったら、怯んでしまって子供を犠牲にしてしまい、 後で「自分が犠牲になっておけば・・・」と一生悔やむ、というパターンじゃないか、と思う。 子持ちの増田諸氏にお伺いしたいのだが、ああいう局面で、 「子供のために自分...

不細工な男と不細工な女では、どちらが不幸かわかってるかい?!

「思いを父に伝えたら泣かれました」 http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2010/0131/291550.htm 最近あるきっかけで、だいぶ前に立っていた発言小町のトピを思い出す機会があって久々に読んでみた...

公共性を考えて公開しているが、より高い公共性を要求する人たちがいる

コンテンツをジャンルごとに独立させるのは、公共性のためだ。 経済評と昆虫飼育と軍事演習がひとまとめになっているようなブログでは、 読者に余計な閲覧コストを強いてしまうからだ。 これはプロアマ関係ない。公共意識が無いのは、人間の欠陥だ。...

何のために生きてるのか悩んだ時は、何か簡単な行動をしてみると良い

だからなんなんだ、、自分がこの世間に何か貢献できているんだろうか? 自分ひとりくらいいなくたってきっと明日からみんな普通に生活しているはず。 何のために生きている?みんなに笑顔を与えるとか、元気を与えるとか、希望を与えるとか、 どっか...

大事にしたい人間関係の時は、まずは「いいねボタン」を押す努力をしよう

本当は、男女差の問題ではなかったのかもしれないあるデートの日、彼女の機嫌が悪かった・・・ 彼「どうしたの?」 彼女「上司から仕事のミスで怒られたの・・・あんなにネチネチ言わなくてもいいのに!」 よくよく話を聞いているとどう見て...

「大好きだ」という表現は難しいからこそ価値がある

ファン記事は読まれない。アンチ記事こそ作品の最大の味方である。 普通に褒める記事にするかあえて貶す記事にするかでこれだけ反応が違う。 みんな、建前では炎上マーケティングはクソだって批判するけど、 現実問題として人間はプラスの話題よ...

社会人としてやってはいけないという排斥運動で得するのはだれか?

プライドを守るために成果を台無しにする人 http://d.hatena.ne.jp/hase0831/20130209 イケダハヤト氏に学ぶ社会人としてやってはいけないこと http://d.hatena.ne.jp/gothedi...

「優しい夫」や「優しい妻」がこの世に存在しているという勘違い

周りからの評価は、たいていは見当違い Aさん:会社では周りに優しい、家では何もしない夫 Bさん:会社では周りに冷たい、家では優しい夫 Cさん:会社では周りに優しい、家でも優しい夫 周りの評判で、「優しい夫」という評判...

麻布中学校の「ドラえもん問題」は入試問題としては妥当な範囲に入っていると思う

問題文も見ないで、反応生物の定義はきちんと問題文に書かれていて、またきちんと読めば、答えが自動的に出せるサービス問題です。 おまけに、問題文を読むことで、生物の定義らしき勉強まででき、またドラえもんという子供になじみあるものをからめた問題...

逃げを認められないのは、コミュニケーション下手に多い

ネットで「逃げる」ひとがいる。 現実社会では言ったことをなかったコトにすることはできないのに、ネットではできるから、と言って。 実際、かなり迷惑だ。実体験から言えば、Facebookで、後輩の女子とちょっと議論になり、彼女が僕に反論する...

相談を男性にする女性の下心

相談女もそういう演出をします。「ただ相談したいだけなのに、疑われてショックです…」とかなんとか言うでしょう。 その瞬間、あなたは悪者です。「悩んで弱っている女性を、嫉妬に狂ってビッチ認定する鬼のような女」です。 http://anond...