マトモな会社の「みなし残業制」は、役職手当みたいなものだと考えてもよい(はず)

このように、「みなし残業」という言葉は、さも制度が適法に存在するかのように企業や労働者を誤解させる言葉なのであり、法的には「いくら残業しても決まった残業代しか出ない」制度など存在しない、存在するのは「残業代を実際の残業時間より多めに定額で支給する方法」と、もう1つは「労働時間を一定の時間にみなす制度」だけだということをしっかり認識した方がよいと思います。
「みなし残業」という訳の分からない制度 - 人事労務コンサルタントmayamaの視点


マトモな企業で採用されているのは、前者の「残業代を実際の残業時間より多めに定額で支給する方法」です。

みなし残業で30時間が設定されて、手当が5万程度つくとすると

残業0時間から30時間 :5万円
残業30時間以上 :5万円+30時間超えた分の残業代

とかになってる場合が多いと思います。

今は知らないけど昔は残業代を払わないのは違法なのでこうなるわけです。

つまり、残業時間が0時間でも、5万円という手当がつきます。



もちろん、残業30時間で5万円になりますが、本来の残業代x30時間よりも少ない金額が設定されているというのも、まともな会社ではありえません。

・・・・

「各社員一律に必ず支給される報酬」とは言っても、両者では実際に月45時間残業した場合の収入額は大きく異なるため、みなし残業制による残業手当というのは役職手当や住宅手当などとは全く性質が異なるものに思える。
これはみなし残業制を採用していない優良な企業にとって非常に不利な状態なのではないか。
転職ドラフト経由でY社の内定貰ったけど


長文過ぎて何が問題か不明だけど、残業が0時間でもその給料になる場合は、役職手当と同じものだといえると思う。残業0時間なのに、見なし残業とみなして固定の額が月々つく。
つかないのなら、転職ドラフト?の規約違反だと思うけどなぁ。

人事担当者の説明では、この金額にみなし残業時間25時間分が付き実際には4,912,228円になる。
更に社員の月平均残業時間30時間の場合なら5,037,064円、参考までに月45時間残業した場合には5,411,608円になりますとの事。



すると、転職ドラフトからは「各社員一律に必ず支給される報酬は年収額に含めることができるという基準のため、みなし残業分が指名額に含まれているのはルール違反ではない」という回答が来た。

みなし残業分を含めても9割の495万に届いていない事のみ問題なのでそれは指摘しますとの事。
なるほど...そういうものなのか...?
転職ドラフト経由でY社の内定貰ったけど


ちゃんと読み切れてないけど・・。
残業が0時間でもみなし残業時間25時間分がつけば、転職ドラフト規約違反でないと思う。

でも、この文脈ではこの会社の年収計算として、残業時間を25時間計算することで求めてるだけのような気はしますよね。
実際、平均でその程度は残業する社員がほとんどなので、中途採用者向けにはその金額を提示するとかそういうのはよくあるし・・。

転職ドラフトの担当者も、たぶん適当に回答してそう・・。

微妙な会社

Yahoo! Japan
ソース: http://anond.hatelabo.jp/20160925170021

リクルートライフスタイル
ソース: https://twitter.com/hanpen_good/status/755392429751017472

転職ドラフトで給料値切った / 値切ろうとした会社まとめ


事実関係は、ご自身で判断して・・・・。
でも、事実でも驚く人いない感じが・・。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。