海外では、盗撮が無いからと言う嘘

日本ではかなり前から盗撮防止のために携帯電話カメラのシャッター音が消せないようになっていますが、米国では最近、シャッター音を出すことを義務付ける法案が提出されました。PC Worldが伝えています。

「Camera Phone Predator Alert Act」法案では、米国で作られるすべてのカメラ付き携帯電話に対して周りに聞こえる程度のシャッター音を出すことを義務付け、シャッター音を消す方法の提供を禁止しています。この法案が提出されたのは、「更衣室や公共の場所で、カメラ付き携帯で子供や若者の写真を撮って悪用する」ケースが見られたためだそうです。
2009/01/28 - 携帯カメラのシャッター音、米国で義務付け法案:海外速報部ログ:ITmedia オルタナティブ・ブログ


海外のスマホ(iPhone)は、シャッター音を消せるのに、日本のは消せなくて不便だなぁということを書いていたら、今でも平気でそんなことを言う人たちがいて、ちょっとなぁと思う。

シャッター音については書かれている通り盗撮防止です。
文化的なものなのか日本人はチラリズムと呼ばれる隠されたものを覗くことを好みます。いわゆる“覗きもの”も日本以外ではあまりうけないそうですし。


こんな感じ。
実体験からの話ならまだそうなのか?と思うけど、どこからそういう実体験めいた妄想が発生しているのかものすごく疑問に感じる。

日本は陰湿だからイジメがあるけど、xxxではないだとか、そういうのと似たような感じ・・・。

この手の話で、本当にそうだったことが少ない気がする。
田舎の人は素朴で良い人ばかりの変化形なんじゃないの?と思う。

関連記事

日本はクレイジーでブラックだという妄想
海外のレジ打ちについて

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。