感動ポルノと見世物小屋

ちゃんと読んでないのと、追ってないので僕が、勘違いしているのかもしれないけど・・・。

義手・義足の“欠損女子”に会えるバーに潜入
http://b.hatena.ne.jp/entry/wotopi.jp/archives/28686
めっちゃ持ち上げられてるけどキモいわ。



しかも欠損してるという部分を愛してもいいという文脈は他の欠損者にそういう視線を向ける人を増やすんだが
JKはダメだけどこいつらはいいみたいな整合性のないバカってなんなの


追記
メガネや高身長と何が違うって欠損者はより少数だしよりハンデは大きいのは事実だろ
同じに扱って特別視してない私はすごいでしょ!はやめろやマヌケ
欠損女子とか超キメェわ


美談風に仕立ててあるから、なにが問題なのかわからない人もいるんじゃないかなぁと思う。
僕が違和感を感じている部分と、引用先とは違うのかもしれないけど・・・。

とりあえず、擁護していたら、人権派だとか、障害者に理解があるとか思ってそうな人も少なからずいるんじゃないかなぁと思う。

この手の話は、はてブとかと同じで、
これは、ただのブックマークです
これは、ただのコメントです
みたいな、違う側面を都合よく使い分けで、何かをかわしている手法と似てるんじゃないかなぁと思う。

欠損女子とか超キメェわ

障害者をキモいと言ってるんじゃなくて、欠損女子として売りにしてる流れと、ダブルスタンダードでそれを売りにしてる障害者がキモいって話だね。

2015/10/30 02:45

ダブルスタンダードというのが、そういうのに該当するんじゃないかなぁと思う

欠損女子とか超キメェわ

増田が言いたいのは、欠損女子がキモイじゃなくて、あの記事の書き手がキモイってことでしょ。

2015/10/30 02:39

たぶん、そうだと思う。

これも、記事を非難したら、同時に欠損女子を非難してことにもなるみたいなロジックも害があるなぁと思う。
美談を利用している行為を非難しているのに、いつの間にか美談を非難している人間性の悪い奴になってるとかそういう感じ。

欠損女子とか超キメェわ


増田に共感するところもある。障害者本人のことではなく、それに対する周りの態度(この場合ブコメの反応)の方に特に違和感を覚える。全然わかってないのは増田ではなく我々だと思うべきだろうって話かと。

2015/10/30 00:39

義手・義足フェチ

JKフェチ =>きもいといってもよい?
義手・義足フェチ =>きもいといってよい?

で、JKフェチをキモイといっても、JKまでキモイ存在にならないとは思う。

また、フェチ?をキモイ扱いしてよいかどうかも話は別だとも思うけど・・

性的指向の差別はいけないが、性的嗜好は?

・・・・

コメディアンでジャーナリストのステラ・ヤングは、たまたま車椅子で生活をしています。ヤングが強調したいのは、この事実だけでヤングが全人類を感化するような気高い存在になるわけではないと言うことです。この面白い講演で、ヤングは私たちの社会が障害者を「感動ポルノ」にしてしまう風潮を批判します。
TED日本語 - ステラ・ヤング: 私は皆さんの感動の対象ではありません、どうぞよろしく | デジタルキャスト


感動ポルノは、こういう定義で、
今回の件とは違うとかそういう話は作れるわけだけど

しかし、その根底に流れるものが一緒なら、やっぱり・・・と僕は思う。

当人が望んでるから問題ないとか、当人が言っているから問題ないという論理も、意味をなさないと思う。

スポンサーリンク

『感動ポルノと見世物小屋』へのコメント

  1. 名前:nessko : 投稿日:2015/10/30 11:31

    まとまりませんが、このブログを読んだ感想としてコメントさせてください。読んで、共感を覚えたからです。

    私も同じようなもやもやを感じてます。
    バーに勤めている女性は、このバーの店員になってみようかという、それだけだと思うし、それはどこの店の店員さんとも変わらない、同じことでしかない。
    でも、あの記事の取り上げ方が、そうじゃないから。
    そして、彼女たちの発言から今巷に溢れる「承認欲求」みたいなのが感じ取れるので。
    承認欲求満たすためならAVに出ます、風俗嬢になります、という、当人がしたいのならそれでいいじゃないで片づけるにはちょっと「?」になる、それに通じるもやもやが出てきてしまう。

    フェチですが、対象を自分の性的妄想を満足させるための対象物として見るわけで、それが傍から見ると気持ち悪いというのはどうしてもつきまといますよね。人としてつきあって性的にも親しくなるというのとはちがうから。もちろん、きっかけはフェチでその後人としても親しくなったご関係はいくらでもあるでしょうけれども。

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。