正当な手段でPVを稼いで、承認欲を満たしたいんだ

・正当な手段でPVを稼いで、承認欲を満たしたいんだ
・正当な手段で成果をだして、仕事で評価をされたいんだ

「じゃあ、互助会はやめて、はてな女子と?*1」と増田は言います。

「でもPVがないんだろ? だったらネットバトルするしかないだろ」と増田は口調を強めます。

「googleからの検索とか、facebookからのいいネ!と、かブクマのホッテントリとか、そういう…」とハッキリ言えない自分。

勇気がない自分を必死になって正当化してるだけじゃん、と。
はてな村奇譚103 - orangestarの雑記


目の前の仕事をきちんとやり続けることが、ゆくゆくは仕事の評価につながるように
ブログでは、記事(エントリー)を書き続けることではないか?と思う。

それじゃ、PV稼げないんですというのは
それじゃ、仕事で評価されないんですというのと似てると思うわけです。

勇気というのは、ヤバいこと?に手を染める勇気だけで無くて
結果がすぐには出ないけど、自身が信じる正当な手段を継続することだって勇気なわけです。

仕事評価でも、PVでも、結局、まやかし?だと思ってしまったら、
承認欲を満たせないとおもうんですよ。

昔でいえば、名誉を金で買うって行為です。
今時は、金でかっても、名誉は名誉だと思う人たちが多い気はするけど

まあ、多いとしても、当人がそう思えないなら、まやかしの名誉なんでしょう。

承認欲の難しさ

・はてな村限定のそれも一部で有名なだけですよね
・優秀だといっても、その会社のその職場だからですよね

そういう思いにとらわれると、ダメな人もいるってことです。

これ、なかなか複雑で
当人はそう思っていても、そのこと自体が心の支えなので、
ますます、前面に出して補強しようとするけど、それがかえって裏目になる場合もあるとは思う。


関連記事

ブログを初めて、記事を書いても誰にも読まれないという現実
はてなブックマーク互助会って、何?!
なんちゃらメディアに、画像をパクられないために出来そうなこと

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。