浮気は女の甲斐性なので・・・

甲斐性理論

細木和子氏がひっきりなしに主張する「浮気は男の甲斐性理論」なんですが、皆さん納得できますか?。



しかし、女性からすると困るのでは?とも思います。
浮気は男の甲斐性でしょうか?。
細木氏が主張するように浮気のひとつでもできないような夫ではその他仕事などでも駄目駄目でしょうか?。
浮気は男の甲斐性、納得できますか?。 - 恋愛相談 - 教えて!goo


まあ、浮気できないより出来るほうが、
・バイタリティーが高い
・モラル感が低いので、制限が少ないので行動力や決断力があるように見える
とかそういう傾向があろうかとは思う。

それは、男女関係なく。
で、結果として仕事ができるとかそういう事はありえるかなとも思う。

浮気は女の甲斐性なので・・・

彼女は男女問わずとても人付き合いが良かったし、世話好きだったし、モテた。
いや、それをモテるって言うのかどうかは今でもよくわからない。イケメンから嫌われ者までほとんど分け隔てなく屈託なく壁を作らず接するので、そこでコロっと行く奴がいっぱいいるらしい。
言葉は悪いけど、どちらかと言うと「押しに弱い」「脇が甘い」とか、「尻が軽い」っていうジャンルに分類したほうがわかりやすい気がする。

大人になってからも彼女のそういうところは変わらなかったけれど、そんな性格のせいでそれなりに人付き合いでボロボロになっていて、そんなところでモテない俺と付き合いだして、3年くらいで結婚した。
若かったから本当は人間の深みなんて何もわかってなかったのかもしれないけど、彼女のことは悪いこと含めて全部わかった上で、それを全部飲み込むつもりで結婚した。これから先に何が起こるかも、何か起こったとしても全部受け止めて守り切るつもりだった。今でも、これからもそうだ。結婚するまでも色々あったけど、まああれだ、「惣一郎さん、あなたもひっくるめて響子さんをもらいます」的な思い込みと勢いで全部それらも彼女の一部だと思うことができた。
妻が不倫している


「浮気は女の甲斐性理論」なんかをつくりだせばよいのかなぁと思った、
この論理はだれも悪くないという理論なので、浮気する側が得する論理だと思われがちだが、浮気される側にもメリットがあると思う。

浮気される側が、それでも好きだとか関係を継続したいという時に、心の整理をする論理として有効なんだろうと思う。

浮気性の男も、浮気性の女も、最後開き直ることも多いので、お灸をすえるという路線もなかなかうまくいかないとおもうけどなぁ。

浮気性の男側が、「浮気は男の甲斐性」が成立するのなら、女だって成立すると思う。

引用先の女性を男に置き換えて、文章を再構成すると、明らかに浮気性の男というキャラクターが出てくると思う。
遊びまくって、地味な女と結婚しましたみたいな話・・・・。
でも遊びは辞めれませんでした。

それから、アメリカでは、最近は女性のほうが浮気をする率が多いそうです。ですので、浮気は男の甲斐性というよりも、現代は浮気は女性の甲斐性という感じになっているのが本当みたいですね。ただ、女性の場合は、男性と違い、ばれない浮気をするようですので、そういう意味では女性のほうが浮気は上手であり、また、影でやっているので、男性のほうが馬鹿正直に浮気をしているみたいですね。
浮気は男の甲斐性、納得できますか?。 - 恋愛相談 - 教えて!goo


あとは、日本もアメリカ化した理論とか、いろいろ・・。

どんなに、心を殺しても、整理しても・・・

慣れっこなはずなんだけど、そんな都合良く痛みを回避するのは無理らしい。人生経験が足りないんだと思う。
上に書いたとおり、何があろうが俺は妻のことが好きになっていく一方なんだけど、彼女はだいぶ前からあなたのことは友達としては良いけど男とかそういう見方はできないと言われ、未だにそのままの評価なのがじわじわくる。
妻が不倫している


フラッシュバックみたいなものは起きる人が多いと思う。

どんなに浮気されても好きとかいうのも、意外とある感じだと思う。
周りや、ある程度の年齢になった子供からみれば、そんなのいい加減見捨てたらいいのにと思分けていても、当人は大好きなので仕方がないと思う。

関連記事

浮気をしてしまっても告白すべきでない

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。