金をなくした人間は、他人の金を奪う人間になる。

たぶん僕が精神的に幼いか、それとも心がねじ曲がっているため、理解できませんでしたというお話です。


そうならないように、金持ちの皆さんは、小銭(愛でも代用可)をばら撒いておきましょう。
そうすれば、大金を狙われることは、まずないです。

Inspired by 自信をなくした人間は、他人の自信を奪う人間になる。 - いばや通信


何度読んでも理解できない。

自信を無くしたけど、周り応援してくれる金づるをつかんだので、あたらな自信になりました。
お金がないと心が貧しくなるけど、周りに金づるがいるとおもえば、こころが豊かになります。

失業して多くのものを失ったけど、ブログを始めたら、読んでくれる人が多くなり、また応援してくれる人たちが増え、広告収入や講演の依頼で、こころ豊かな生活ができるようになりました。

こんな感じ?!


心の持ち方よりも
自身の特性を利用して、生きていくすべを探したほうがしあわせになれるような・・・。

「見た目」と「口先」が自慢なら、その路線で生きていくんですな・・・。


TVのドキュメンタリー(海外)で
「家を持たないおばあさん」?が、なぜか人気で
家に招待されてそのまま邪魔になるまで居座り続ける、そして、ダメになったら、次の招待される家にというのを繰り返しているような話を見た記憶があります。

提供するのは、ご自身と会話だけ。食事もすべて相手が出してくれるし、で家事を手伝うなんてこともない。だってお客さんなので・・。

私の財産は、周りの支援してくれる温かい人なんですよとかいってたのがあった気がするんだけど
その日本版なんだろうか?

満足して生活支援?してるんだから誰も文句を言えるとは思えないんだけど、
なんだかなぁ・・・。

で、ドキュメンタリーでは、本当の豊かさとはなになのか?って問いかけていたような気がする。
何も持たなくても、こんなに幸せな人がいると・・・。

でもなぁ、何かを持っている人から、間接的に奪ってるだけなんじゃないの?と思わなくはない。
だってみんな家を持たなかったら、だれが招待するの?って話ですよね。

楽しい会話と時間を提供しているとか言ってた記憶もある。
で、その代わりに寝るところと食事などを提供してくれる。
相手が嫌がったら出ていくので、強要することもないとも言っていたと思う。

金の代わりに、「楽しい会話と時間」を使ってるだけのような・・・。
ブランドイメージ化に成功して、招待することがステータス化されてるだけのような・・・。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。