「人に嫌われている」という意味は、2種類ある

人に嫌われているのに、グループの支配者

嫌われているので、だれもなぜ嫌われるか教えてくれない。
本当は、それは学生時代に培わなければならなかった。
どうして自分が嫌われるのか、学生時代なら何らかのかたちで
だれかが教えてくれる機会が多い。
人に嫌われる人


「誰からも好かれている人なんて、ほぼいない。誰かからは嫌われている、ねたまれている」
こういうのが普通なので、そういうのを利用して、人を辱めようとか、陥れようとかいう人がいるので、気にすることはない。

集団というのは、不思議なもので、メンバーの多くから嫌われているのに、そのグループの中心的存在だという場合も多々ある。数では、その中心人物を圧倒できるのに、でも、そうしない、そうできないのである。


人に嫌われる理由

実は、一番多いのが、「弱い」ってことです。人間関係のパワー合戦に負けるからこそ、いつも嫌われるんです。
いうなれば、分相応な態度をとれという圧力みたいなものなんです。


何も悪くないのに、人から嫌われる人たちもいる

人に好かれる努力をしても、人に好かれるようにはならない

嫌われないように努力することは、減点法的な考えで改善できる場合もあるが、人から好かれるためには、加点がないとだめなので、嫌われている理由が分かった程度では、無意味。


思い込みは、世界を狭くする

だが、年齢をかさねると誰も教えてくれない。
大人はわざわざ、嫌いな人に近づこうとしない。


だから変えられない。
一生嫌われ続けていく。
人に嫌われる人

学生時代なら教えてくれる?本当か?
たんに、ウザいという言葉を、論理武装してそれらしい理由をいってるだけでは?

笑顔がキモイとか
表情が暗いからとか
なんか、それらしいことを言ってれば、イイんだから。

性格悪いからとか言っておけば、全然問題ないんだし・・・。

でも実際には、もっと性格の悪い人もいるんだけど、そういう人は平気だったりするんだけどな(汗)
性格悪い同士でつるんでいれば、問題ないってことかも。


人に嫌われているという意味は2種類ある

・集団から疎外される
・個人から嫌われる

これ同一のように見えて、同一には考えてはいけない。

集団から、阻害される感じになると、なかなか社会生活も大変だというのは事実で、その結果、なるべく集団から疎外されないように行動する人たちが増える。これ大人になると顕著になる。

これを人から嫌われているとか単純に考えて、悩んでも仕方がないんですね。集団維持のために使われているかもしれないんだから。
こういう意味で、パワー合戦なんです。

個人から嫌われているというのは、まあ誰にでも実はあるんだけど、こっちは実はそんなに困らないことのほうが多い。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。