「水素水は効果なし」でなくて、「水素水は効果不明」程度にしておいたほうが良いよ

健康被害が起こる可能性は限りなく0に近いし、別に法外に高い商品でもない。
法に反するようなおかしな売りつけ方してない限りどうでもいいと思うんだけど。
なんではてなーってあんな水素水に必死になってんの?


人間関係でも、あいつは悪人だというときでも、人格全否定的にやると、啓蒙?活動としては逆効果になりえるみたいな感じだと僕は思う。実際、悪人でも、人格的に良い部分もあったりするでしょう。(人格全否定の時点で客観的でない)

「水素水は効果なし」と言ってる人でも、たぶん間違っている人がいるんですね。

水素水のこういう利用のしかたで、こういう効果は期待できないとかでなくて
一掃しようとする態度が、逆効果になったりしないだろうか?って思う。

二酸化塩素による除菌をうたった商品

二酸化塩素が、インフルエンザの除菌?に効果があるかどうかという部分で、
その手の商品はなんとなく怪しいなぁと思っていても、
二酸化塩素が、インフルエンザの除菌に効果があるらしい資料(エビデンス)が見つかった時に
どう考えたらいいのか?です。

「二酸化塩素」といった成分には細菌やウイルスを殺す働きはありますが、この成分を使った商品については、インフルエンザを予防するとかインフルエンザウイルスを殺すとかは言えません。
一般社団法人 宮崎県薬剤師会 - 二酸化塩素による除菌をうたった商品について


(今は言えても、その当時は明確には)「そんな商品、インチキですよ」みたいなことは言えない、言えたとしても、「信じている知人」は聞いてくれないでしょう。

もし効果があるとしても、効果があるほど部屋中に充満したら、ヤバいんじゃないの?みたいな部分を刺激するとかそういう路線のほうがまだ有効です。でも、そういうのも、なかなか素人だと思いつかないですよね。まあ、充満したら何がやばい?と思う人のほうが多いとは思う。

あと、「ヤバい」って感覚論であって、言ってることが正しいかどうかなんて判断しにくいわけです。

病気の予防や治療に使用できるのは、薬事法という法律によって、製造や販売が承認・許可されている医薬品や医薬部外品といった製品のみになります。医薬品や医薬部外品であれば人への効果や安全性に関するデータがあることになります。
しかし、今のところ、二酸化塩素の商品で、細菌やウイルスの感染予防に効果があるとして医薬品や医薬部外品として認められているものはないようです。
ですので、生活の中でこの商品を使用してどの程度の除菌効果があるのか現状ではわからないということになります。
また、医薬品や医薬部外品でなければ、効き目や効果を宣伝して売ったりはできません。
一般社団法人 宮崎県薬剤師会 - 二酸化塩素による除菌をうたった商品について


ほとんどの事業者が実際に使用した際の安全性を確認していなかった。また、塩素系ガスの
放散が比較的多かった銘柄では、使用者からの健康被害等の報告を受けているところがあっ

二酸化塩素による除菌をうたった商品-部屋等で使う据置タイプについて-(P14)
http://www.kokusen.go.jp/pdf/n-20101111_1.pdf


居住空間における効果の程度を確認している事業者は少なかった。また、有効成分として二酸化塩素以外の成分もあげている銘柄があった



全ての銘柄が除菌と消臭を目的としており、有効成分の効果と気中濃度については 7 社(6
銘柄)から回答があった。有効成分の多くは二酸化塩素であり、その他に塩素イオン、亜塩
素酸イオン、次亜塩素酸なども挙げている銘柄があった。有効成分の除菌の対象は、ノロウ
イルス、インフルエンザ、大腸菌類、MRSA 等で、それらに対して除菌効果を発揮する気中濃
度は 0.01~0.19 ppm と幅があったが、根拠となるデータはないと回答したところや無回答の
ところもあった。

二酸化塩素による除菌をうたった商品-部屋等で使う据置タイプについて-(P14)
http://www.kokusen.go.jp/pdf/n-20101111_1.pdf


マイナスイオンはインチキだけど、プラズマクラスターは違う?

たぶん、一緒のものだろうし、原理とかも同じだと僕は思うけど。

で、マイナスイオンは、ニセ科学だ、インチキだとたたくのが容易で、
プラズマクラスターは違うわけです。

実際、プラズマクラスターは、イオンを出す装置であります。
で、そのイオンの殺菌効果なども証明されています。

なぜ、似たようなものなのに、違うのか?ですね。
ニセ科学批判の人も、少しは反省したほうが良いと僕は思うけどね。

批判のやり方がまずいから、プラズマクラスターに名前をかえて、エビデンスのようなようなものを用意すると、怪しいぞって言えないわけですよ。

もちろん、批判のやり方がまずかった人は、マイナスイオンもプラズマクラスターも似たようなものなんて、言わないと思います。だって、自身が過去の発言がマズイっていうことを言ってることになりますからね。だから、歯切れわるいのでは?

消費者庁は、本日、シャープ株式会社(以下「シャープ」という。)に対し、景品
表示法第6条の規定に基づき、措置命令(別添参照)を行いました。
シャープが供給する「プラズマクラスター」と称するイオン(以下「イオン」とい
う。)を放出する機器を搭載した電気掃除機に係る表示について、景品表示法に違反
する行為(同法第4条第1項第1号(優良誤認)に該当)が認められました。



対象商品は、その排気口付近から放出されるイオンによって、対象商品を使
用した室内の空気中に浮遊するダニ由来のアレルギーの原因となる物質を、ア
レルギーの原因とならない物質に分解又は除去する性能を有するものではな
かった。

シャープ株式会社に対する景品表示法に基づく措置命令について
http://www.caa.go.jp/representation/pdf/121128premiums_1.pdf


・イオンは放出されている
・そのイオンには、除菌などの効果がある

しかし、この製品は、その効果がない。
つまり、イオンの量が少ないのでは?
でも多くすると、まずいことが起こるか、コスト高になってこの値段では販売できませんとかなのでは?

インチキが許せないっていう意識が高すぎるのでは?

ニセ科学が許せないっていう意識が高すぎるのでは?

どう考えたか?と示すだけで、あとは受け手側に判断をゆだねる態度が
長い目で見れば、そういう思考を広めることになり、多くの人たちのリテラシーが向上するって結果になると思う。

なんか、いろいろ言ってる人たちがいるけど、
馬鹿はものを考えるな、俺のいうことを聞け
みたいな路線の人たちが多いと思う。
(考えを改めない限り、理解していないという態度もほぼ同じ)

あなたは、科学的な素養がないから、考えても無駄で、
詳しい私が、これはインチキだといってるから、信じなさい。
でも、信じないと、これだから科学的素養のないバカは、救いがたい。

みたいになってる風にみえて、本当に感じ悪い。
でもって、結論は正しいけど、どうも根拠が?という部分がある。

でも、僕も結論には賛成するけど、結論が一緒だからと言って、むやみに認めていると、自身のリテラシーが低くなると思うよ。「どうも根拠が?という部分」と思える部分が、リテラシー(生きる力)なわけで。

エビデンスの正しさをみれば、真実がわかると思っていたら、それを利用した心理トリックを使うだけですよ。
エビデンスは正しいけど、なんかおかしいな?って言う話で、そのおかしさを言語化できたり、論理的に示せたらいいけど、多くのケースはそうはならない。

消費者庁はプロだし、また、こういう事例を作れば考えてくれるというのがよくわかってると思う。
実際、地道にデータを取ってたりするし・・・。

論理や理論でなくて、判断できる材料を提示してくれる

信じてるわけじゃないけど、効果に期待して・・

そういう微妙な心情というのも存在することを、知らない人もいそう。

信じてないのに、効果を期待するって、文章的にはおかしいわけですが
そういう心理状態って普通にあるわけですよ。

関連記事

水道水で十分なのに、ミネラルウオーターを買うなんて的な話では?!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。