「寄生獣 完結編」終盤の「放射性 がれき」問題について思うこと

「寄生獣 完結編」終盤の問題について
はてなブックマーク - 「寄生獣 完結編」終盤の問題について — TwitLonger

・引用先はほとんど読んでない
・「寄生獣 完結編」は見てない

という感じの状態でこのエントリーは書いてます。

「放射性物質」とか「放射性がれき」を使ってほしくない

原作もちょっと無理ある感じだってけどというのはどうでもよくて、

・放射性物質
・放射性がれき

をつかうのは、辞めてほしいって話で、
あとは、それを補強する論理の組み立てでしかないのかなぁと思う。

有害物質が間接原因だった気が・・・

僕の記憶では、原作では
不法投棄された廃棄物の有害物質が原因だけど

でも有害物質が直接というか、
それに危機感を感じた1体に共存している複数の寄生生物(細胞?)が、
パニック状態になって、分裂とかだったはずで、

その危険度の大きさよりかは、そういう状態に陥ることによる影響であって
それが放射性物質?になってもおかしくはないとはおもう。

つまり、論理なんていくらでも都合よく組み立てことは可能だと思う

「論理の正しさ、科学の正しさ」 勝負にもっていく論法について

「論理の正しさ、科学の正しさ」 勝負にもっていく主張の仕方には注意したほうがよいと思う。

その正しさとは別に、主張があるわけで、
考え方・思想については、別途考えるべきだと僕は思います。

科学的に、男女差があり、能力差があることが証明できたら
差別的行動が、区別的な行動になるか?といえば、
なるんでしょうか?

「なる」と考える人は、僕の書いていることは意味をないので離脱したほうがよいかと思います。

根拠なき差別はダメだけど、
根拠ある区別も、時として差別になるのではないか?という価値観ですね。

もっと、むちゃぶりを発揮すれば

そもそも寄生生物の性質が分からないわけだから
設定しないじゃないの?と思う。

人間には、害なくても
ほかの生物?には害があるものなんてあるわけで・・・。

言葉狩り、表現狩りを利用した、情報隠ぺい?思想隠ぺい?

言葉狩りや、表現狩りをやりすぎるのはどうかなぁと
僕は思う。

まあ、賛成でも反対でも僕はどちらでもいいとおもうけど、
論理の正しさに目を奪われたら、ダメだと思う。

この件?延長線の件?は、賛否両論があって
本当は、主義主張の違いのはずなのに、
そうでない感じではある。

「科学」 VS 「宗教」でもいいんだけど
宗教的な根拠で、賛成?反対?していても
それに対して、それは科学的でないからというのは
ある意味、暴力だと思う。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。