思い通りの人生にならないときに、絶望し、その絶望から立ち直る方法

考え方ひとつ次第みたいな的外れなはてブコメントが多い気がする
http://anond.hatelabo.jp/20140316020335

絶望した時は、生活破綻しない程度に最低限のことだけはやり続けて、しばらくは流れに任せてしまうというのも一つの方法です。

まずは、破たんしないこと、重要なことを決めないこと、大逆転を狙わないこと、短絡思考に陥らないことです。

他人からはなんとも思えないことでも、未来を絶たれたとおもう絶望感は、ものすごく深い深いものだと思います。

これ、現状に甘えてるとかそういうのとは別次元なものなんですね。


今はない感じはするんだけど、「恋人にフラれたから、ビルの屋上から飛び降りた」とかそういう若者もいたわけです。フラれた程度で自殺するなんて馬鹿だと言えるのは、個人的には、愛に対する冒涜じゃないかなぁ?と思うわけです。

絶望した人には、単純に、正論をたたきつけるには、無理があるんですね。



最初のほうのやり方は、実はうつ病にかかった人に対する対処方法と、ほとんど同じです。病気を治すことは難しいが、現状を破たんさせない様にして、より深刻な事態になることを防ぎ、病気がもし治った時に、居場所を確保するためのものなんですね。

こういう手法は、知っておくと、いざそういう事態になった時に、機械的にできるはずなので、幸せな時に知っておくべきことなのかもしれません。

たとえば、「恋人にフラれた」から絶望して、会社を休むとしても、連絡して休むとか、休む日数によって、あとから回復できるという感じですかな。

ここで、その程度で休むなんて甘えだというのは、また違う話だと思う。ここで、会社を辞めて、傷心旅行に出かけてしまうと、ちょっと回復困難になるかも。体調不良で1週間、2週間休むほうがマシ。

絶望した時は、すべてを失ってしまったという思いが強すぎて、今あるものが目に見えないことが多いから、そういうことをしてしまう可能性があり、そんなことはあり得ないなんて馬鹿にはできないんです。


有効そうに思えるんだが、無意味な考え方

そこは、本当に「絶望の淵」でしょうか?
よく周りを見渡して下さい。その絶望の淵のはるか下の方で、必死に這い上がろうと懸命にあがいている人達が見えませんか?
人生の絶望の淵から、立ち直るのにはどうすれば一番いいのでしょうか。 ご意見、... - Yahoo!知恵袋

絶望している人に対して、他者との比較、それもより不幸な人との比較は、何の意味も持たない。


絶望から、立ち直れた論理(考え方)はあるとおもうが・・・

実際には、論理(考え方)の内容よりも、その中に含まれる思いやりや愛情だったりすることは多々あります。もちろん、その「思いやり」「愛」は勘違いや思い込みの場合もあるのですが、でも、当人がそう感じたというのが意外と重要な要素だと思います。

それは、絶望を感じたのと似たようなものだと思います。

絶望はホントウなんだけど、そこまでの絶望をする必要はなかったという風な勘違いがあるように、救われたのはホントウだけど、そこまでその論理が救いだったわけではないということに気づかないことが多いってことですね。

で、論理だけ一人歩きして・・・・。


たとえば、「恋人にフラれたから、ビルの屋上から飛び降りた」人に対して、「女(男)はその一人だけではない」という文言でも、その文言自体に心を動かされたわけでなくて、そういってくれる人にたいして心を動かされたってことがあるということです。逆にいうと、その人がいえば、別の言葉でもよかった可能性があるんですな。

・・・・

3年の間に形成されるスタンスが職業人生に大きな影響を与えるのは事実だ。
しかし一度レールを外れると、いくら尊敬すべきスタンスを持っていようとも、
単なる捨て駒として地を這う道しかないのだ。


http://colopon.hateblo.jp/entry/2014/03/14/080141
こんな風に思っている人もいるって、少し救われた。
死んだように生きる

一度レールをはずれても、大丈夫?だった人の事例をしれば、救われるんだったら、探せばそこそこあるとおもうけどね。

確かに、人間にはそういう一面があると思う。

人付き合い苦手て、プレゼン力がないから、表舞台に上がれないんじゃないか?と思い込むと、絶望感にさいなまれるが、実はそういう人でも経営者になっている有名な人がいることを知ると救われた気持ちになり、また頑張れたりするんですね。

ウェルスダイナミクス[WD] - 8つのプロファイル | 一般社団法人 日本適性力学協会公式サイト 考案者ロジャー・ハミルトン

たとえば、こういう性格診断テスト?みたいなものがあるんですが、そういうのでも確認することができます。無料版でもそこそこ遊べる?確認できるので、興味ある人はどうぞ。まあ、あまり統計的に、科学的に意味あるのかどうかはわからないけど・・・。

たとえば、人付き合い苦手、プレゼン力がないとかは、メカニックあたりのタイプになるわけですが、そういうタイプでも成功してる人はいますよって話です。

8つのタイプわけなんですが、「億万長者 富の法則」の中で使っている8つのタイプ分けだと思います。ちょっと個人的にはおすすめって気はしないんですが、分類自体はそんなに的外れでもなく、こうでないと成功できない、出世できないと思い込んでいる人には、そこそこ救いとなる本じゃないかなという気がします。

関連記事

中年の自分探しについて
「意識が高い(笑)」だと、視野が狭くなり、選択肢も狭くなりがちだから、ダメだというオレ論理

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。