悪口言われてるよと教えてくれる場合のモヤモヤの対応方法

自分「・・・てなわけで『◯◯さんすごいな』って思ったんですよ」
Aさん「それはすごい。でも◯◯さん、おまえのこと『あいつは頭おかしい』って言ってたよ」
うん・・・情報提供ありがとうございます
・・・でも、なんだろうな、なんだかモヤモヤしちゃうんだよ
そもそも、発言の主旨がわかんないし
それに頭おかしいなんて言葉ぶつけられたら、こっちがモヤモヤしちゃう事は、わかってると思うんだけどな


狙ってこういう心の縛り方をやっているひとなのだとしたら、うーん。なんだろう
でも、よくしてくれる人なんだよなあ。悪気がある様にはまったく感じられないし
http://anond.hatelabo.jp/20130408044341

・好意を抱いている
・尊敬している

「そういう人に、実は悪口みたいなことを言われてる」と、親切?に(第三者が)教えてくれる場合ですな。

・あまり気にしない
考えてもわからないことは、考えない

あたりがお勧めかなと思う。

言葉によって、心が縛られるのは仕方がないんですが、だからといって、心が縛られてしまうと、自由な思考と行動が疎外されてしまいます。

その第三者の思惑なんかも、考えても気にしても仕方がないと思います。


まあ、逆もあって、

・嫌いだなと思っている
・馬鹿にしている

「そういう人が、実はあなたのことを尊敬してるとかそのたぐいのこと」を、(第三者が)親切に教えてくれる場合もあります。

実際は、これも微妙なはずなんだけど、そういう相手でも、意外と好意的な面があるのがわかると、嫌い度がすこしマシになったりするのが不思議なところですな。

これも、言葉によって、心が縛られてる状態ですよ。


前者が悪くて、後者が良いなんて言うのが、単なる主観か価値観であって、実際にはそんなに大差ないんですな。

後者みたいなこともあるわけですから、前者の場合も、そのまま好意や尊敬を持ち続けても、悪い風にはならない可能性もあるわけです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。