プログラミングが好きな少年が幸せになれる会社は日本にはないと思え

そしてプログラム好きの少年は
夢打ち砕かれ
人月計算とExcelとスーツの世界へゆく
http://anond.hatelabo.jp/20110817212958

プログラミングが好きな少年は、残業の少ないちゃんと給料がもらえる仕事について、趣味の時間にプログラミングができるようにするとかのほうが案外幸せになれるのかもしれない。

IT企業に勤めるとしてもプログラミングが好きな少年は、開発といっても「研究・開発」している系統に入ったほうが希望に合うかもしれない。しかしそんなところはほぼない。

プログラミングが好きな少年は不合理で無駄なことを嫌う傾向にある。その性質のため、ますます不幸になる。IT企業なのに、EXCELで方眼紙を作成してそこに仕様書を書くの? EXCELって文章作成するのに向いてないでしょ?

デジタルドカタがそもそも許容できないでしょう。

職場でも、周りともプログラミングの話でも盛り上がれない。そもそもプログラミング好きな人はこの仕事をしていないからだ。

プログラミングが好きな少年が幸せなるためには、周りを変えるよりも自分を変えるしかない。それは、プログラミングが好きな少年ではなくなるということだ。これほど不幸なことはどこにあろうか?

プログラミングが好きな少年でもその能力や技術が高い人ほど、幸せになれないという不思議な現象が起こるので、好きでも何もない人はそれほど気にする必要はないかもしれない。

好きでないからこそ、何か理不尽なことや不合理なことがあってもそれを心が受け入れれるのかもしれない。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。