気のない人のデートの誘いの断り方

翌日、近況を報告する長ったらしいメールの文末に、
「××に行きましょう。○月×日△時にドコドコ駅で」と来た。
急だなオイ と思ってやんわり断ったつもりが、
別日程を提案されるというズレっぷり
行くことになったけれど気が重すぎる
http://anond.hatelabo.jp/20110813110327

古典的ルールでは、二度目にあきらめるのが男の作法です。
「明日は、いかがですか?」
「明日は、姉の結婚式(叔父の法事)が……」
「明後日は、いかがですか?」
「明後日は、妹(叔母の)のお見合いが……」

「残念ですね。それでは来週あらためて、お誘いしましょう」

それでも分らない男には、やんわりと云いましょう。
「ほかの方を、お誘いになってくださいませんか……」
以上、いまはむかしのものがたりより。
http://q.hatena.ne.jp/1166455622#a653091

気のない人のデートの誘いを断るコツ | nanapi [ナナピ](←女性向け?)
恋愛感情が湧かない相手とのデート。上手な断り方 [恋愛] All About(←男性向け)

男は案外鈍いもの、特に恋愛経験の少ない男は特に鈍い傾向にあります。遠回りにやんわりと断るのは基本ですが、1度でこちらの意志を伝えるのは難しい場合もあります。面倒でしょうが数回同じようことを繰り返してください。たいていの男は気づきます。

男も女も気のない相手にはなるべく距離を取るのがトラブル防止のコツらしいです。距離が近づくようなことはしないことです。距離が近づけば誤解も生まれやすいのです。

よくありがちなのが、肉体関係。その気がなくてもその場の雰囲気で、酒の影響で…となる人もいるそうです。トラブルと面倒事が嫌いな人は気を付けたほうがよいでしょう。

相手を傷つけない、恨まれないためには、忍耐と努力が必要です。しかしその努力も忍耐もあなたの評判や人柄になるわけですから、根気よくやりましょう。

相手が女性でも男性でも優しすぎるとだめですし、突き放しすぎるとだめな場合が多いです。最後のところでは、いい人に思われたいとか周りの評判とかを捨てて切り捨てないと、あとあと痛い目に合うこともありますのでご用心。その見極めは誰にもできませんし難しいです。

はっきりストレートに断る
これができれば誰も悩まないでしょう。
その人のキャラクターに依存する部分が高いので方法論あまりないように思います。

早い段階であるほうがマシということは確かのようです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。