出来過ぎた「いい話」が気持ち悪い

僕がより強くこういったことを感じ始めたきっかけは、「全盲の長男が任天堂に送った手紙。まさかの“神対応”に賞賛の声」という記事のコメント欄を見た時だ。記事の内容は「全盲の男の子が障害があってもできるリズム天国が大好きで、任天堂に感謝の手紙を送ったら、任天堂から返事が返ってきた。」と言った感じ。

僕は普通にいい話だなーと思って読んでいたのだが、コメント欄を見ると「神対応とか書いてPV数上げようとするな。」とか「任天堂の返事の文章、定型文のような気がするのだが。」みたいなコメントが人気コメントの上位に並んでいた。

この記事の注目するところってそこなのだろうか。
はてなブックマークのコメントが気持ち悪い


いい話だなぁ =>記事の内容が嘘であっても大した問題ではない
ケチをつける人たち =>記事の内容が嘘だったらタダではすまない

そんな感じで、そもそも価値観と観点が違うんで・・。

僕は、出来過ぎた「いい話」が気持ち悪いと感じるので、嘘でも平気とか演出過剰気味でも平気とかはちょっと思えないけどね。

「いい話だなぁ」と思う人たちはおそらく似たような話が山のように毎日出てきても、飽きない人たちだと思う。

神対応と感じたのは、誰なのか?!

「まさか」の「神対応」

演出過剰では?
「まさか」でなくて、定型文でしょうと思っても言わないのが大人だけど・・。
神対応ってこれが?
親本人がそう思ってるから、誰も否定できないでしょうって論理の作れるけど・・。

けんたろーさんは話します。

「響希本人は、とてもびっくりして喜んでいました。また、発売予定のなかったリズム天国の新作が、もしかしたら発売されるかもしれないと思えるようになり、楽しみができたと言っています」

「私たち親としては、まさかたった1人の子どもが書いた手紙に対して、迅速な対応で心のこもった返事が返ってくるとは思ってもいなかったので正直びっくりしました。新作が発売される、されないに関わらず響希にとってそれが大きな希望に変わったことがとてもうれしかったです」
全盲の長男が任天堂に送った手紙。まさかの“神対応”に賞賛の声


たとえば「BuzzFeed Japan」の記事は、タイトルには神対応って書いてるけど、本文のどこにも神対応って出てこないんですね。

 これにけんたろーさんは「まさかたった1人の子どもの書いた手紙に対して、迅速な対応で心のこもった返事が返ってくるとは思ってもみなかった」と驚き、その内容を「まさに神対応」とツイート。これにTwitterでも同意の声が多く寄せられ、「感動した」という声も上がっています。
全盲の少年が「リズム天国」をクリアして任天堂にお手紙→数日後に返事を返す神対応に「感動した」の声集まる - ねとらぼ


「ねとらぼ」の記事でも神対応ってでてくるけど、けんたろーさん(親)が「神対応」とツイートしてるんですね。

親が素直にうれしいというのは本当だと思うけど、プロモーションにも使えるなぁと思ってる可能性も否定できないよね。
ここでも、そんなことは気にならない人と、気になる人とがいるわけですよね。

嘘が混ざるとダメな人たち

フェイクニュースでも一緒だと思うんだけどね。
まあ、実際は嘘かどうかが問題じゃないとは思うけど、嘘だとしたら排除しやすいってことだと思うよ。

でも実際は嘘でも、排除しにくいのは、出来過ぎた「いい話」と同じだと思う。

ニュースでも演出過剰になればどうなんでしょうね。

「いい話」が、自身の感動を呼び起こしてくれることが重要で
「ニュース」の場合は、自身の考えを代弁してくれることが重要なんだと思う。

ニュースが嘘なら、フェイクニュースってことになるんだけど、そもそも自身の考えを代弁してくれることを重要視してるので嘘でもたいして問題ない。

もちろん嘘を問題にする人もいるよ。でもそれは、自身の考えと違う場合がほとんどでしょう。
だって、自身の考えの妨害をしない嘘、どちらかというと有利になる嘘は、見なかったことにしてるんだから。


「いい話」も自身の感動経験の代弁だとみれば、同じだと思うよ。

出来過ぎた「いい話」が気持ち悪い

そういう人は、一般論としては、性格悪い人が多いし、また周りからもそうみられていると思うよ。

いい話に水を差すなんてというか
せっかくの感動に水を差すなんて、許せないってことなので
嫌われて当然。

・・・

はてなブックマークのコメントが気持ち悪い

「登場人物全員いい人」うわあ気持ち悪い、と思うタイプです。書き手を萎縮させるのは問題かなあとは思う。

2017/05/27 11:01

>「登場人物全員いい人」うわあ気持ち悪い
僕も時々そう思うこともあるけど、なぜかなぁ?と感が得たら、
「いい人」というのが嘘っぽいと思うからかも。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。