ADHDという言葉を使えば、免責されるみたいな風潮

それをやめない限りダメなんじゃないかなぁと思う。

なにかあると、ADHDの無理解だとかいって強気な人がいるけど
でも、普通の人もエスパーじゃないので、察して理解して分かれっていうのは
微妙だと思うけどね。

ADHDへの配慮

口約束だけで予定を決めるよりも、メモで渡したり、
確認のメールを送ったりすると伝わりやすくなります。
のび太は典型的なADHD? のび太タイプへの正しい接し方とは - gooヘルスケア ニュース


文字情報、視覚情報のほうが伝わりやすいタイプのADHDには有効っていう話で
すべてのADHDの話ではないよね。

付箋やアプリのリマインダーを活用するのも手です。
のび太は典型的なADHD? のび太タイプへの正しい接し方とは - gooヘルスケア ニュース


そこまで頑張る人は良いんだけど、
普通と違うからとかいって、そういうことさえしない人たちがいると思うんだけど。

でも、実際には、付箋やアプリのリマインダーを活用しても無理な人もいるとは思う。
やってみてダメだったからは、理解しようと思うけど、
そうでなくて、こういう特性なので無理なんですとか言われても、受け入れがたいと思う。

立場や状況によって、いろいろ違う

子供と大人は違うし、
我が子と、他人の子供は違うと思う。

でもって、大人は、できるのなら、自らどうしてほしいか?を言うべきだと思う。
メールでスケジュールを送ってとか・・。

送れでなくて、当然、お願いしますっていう話になるとは思うけど
なんか勘違いしてる人は、送れっていうんだよなぁ。

可能なら自分で文字起こして自分自身へメールしてほしいところだけど 、元が音声情報(話し言葉)だとうまく把握できない人には無理かもとは思う。

仕事のスケジュールはダメで
遊びのスケジュールはOKなのはなぜ?みたいな人もいるけど。

まあ、自身に興味あることは得意と関係あるのかもしれないけど
でも、心情的には理解しがたいよね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。