読みにくいブログの文章について

※人のことは言えないんだけど・・・。

すっげー読みづらい
っていうかもう読む気がしない
人気のあるブロガーとかって文章がうまい人が多くて
すいすい読めるんだけど、例の発達のそれはもうなんかダメだ
例の発達障害さんの文章


・流し読みしにくい

好みによるけど、この一言につきるような。
でも、はてぶコメントを付けてる人は、ちゃんと読んでいるっぽい気がするけどね。


・段落型式の昔のテキストサイトのようなスタイル
・文字数が多い&画面から受ける文字密度が高い
・強調(太字・色付け)などが多用されている
・段落分けしてるが、文字数で段落を区切ってるだけで意味で区切ってない
・結局何を言いたいのか理解できない

・部分部分は非常に心惹かれる内容になっている
・文章のつながりに、脈絡がなさすぎる

思いつく限りあげてみたけど、なぜ読みにくいと感じるのかはわからない。

まあ、読み手が、「読みにくい・挫折する」文章のほうが粘着質な人に絡まれなくていいような気は個人的にはする。

差別?!

発達障害とか関係なく、そういう文章書く人いるよね?と個人的には思う。
あと、読み手がいて、理解してはてぶコメントが多数ついてる時点で、文章として成立して、話が通じてるということでは?

まあ、状況によっては差別発言的にみられる可能性はあるとは思し、実際に差別であることもあろうとは思う。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。