当たり前の幸せが、いつまでも特別な幸せだと思えるように!!

今年のクリスマスは、きっと良いことがあるよ、と心から祝福しよう。
人類学者であり心理学者であるポール・エクマンは、洋の東西や文化を超えて、人間には普遍的な感情があると実証した。
人類は、怒り、嫌悪、怯え、喜び、寂しさ、驚きという感情を持ち、同じような表情をする。

だから、呪詛に呪詛を返す必要はない。喜びは万人に共通のものだ。
クリスマスを祝おう。笑顔で喜ぼう。それが一番良いのだ。
三連休の人も、そうでない人も、どんな立場の人も。

たまには、笑っても良いじゃないか。
メリークリスマス!
http://anond.hatelabo.jp/20161222124425


平凡でありきたり <= 周りの他人から見たもの
特別な幸せ <= 当人たちが感じるもの

トイアンナ氏の呪詛は、クリスマスに対してあまりに無力だ


何でもうれしいと思えるのは最初だけ。すぐ「これじゃない」となるので、トイアンナ氏のほうが実態には近い。

2016/12/23 07:54

幸せというのは、与えられるものでなくて
本当は、自分自身で作りだすものなんじゃないかなぁと思う。

たしかに、幸せは与えられるものという一面もあるけど、
善意を悪意として受け取ってしまうと不幸になるように、
似たような感じのことが、幸せにもあると思う。

トイアンナ氏の呪詛は、クリスマスに対してあまりに無力だ

受け手は贈り手が込めた想いや手間を過去に遡って想像し、贈り手は受け手の状況から望む物を未来へ辿って想像する。それぞれが相手を想像する時間を交わし合うことが、プレゼントの物以上に大きな価値なんだろうな。

2016/12/23 04:19

これが、自身で幸せを作りだすという話だと思う。

スピリチュアルな感じになるけど、
幸せを上手に感じる人って、その考え方・精神構造もそうなっているような感じはしますね。

まあ、それは生まれ持ったものもあるとは思うので、マネできる部分とできない部分があるとはおもうけど、でも同じ状況なのに、そんなに幸福感を感じられてうらやましいと思うこともある。

呪詛に呪詛を返す必要はない本当の理由

「ブログでPV稼いで喜ぶ女はチョロい」みたいな呪詛もあるとはおもうけど、そういうのを言い出すと、もともとの呪詛にハマりやすいというのがあるからだと思う。

金持ち喧嘩せずとか
幸せな人はスルーするとか
そういうのがあるのは、「呪詛にハマりやすい」というのがあるからだと思う。

たぶんPVがとかいうと、お前のブログのPVはとか、お前のブログは面白くとかそういう話に巻き込まれるというか、呪詛返ししてるつもりが、自身で不幸になりに行っている結果になりがちだとは思う。

もちろん、幸せの形はいろいろある

・特別 <= 周りの他人から見たもの
・特別 <= 当人たちが感じるもの

こういうものも当然あり得るとは思う。
ただ、平凡な幸せを特別な幸せだと思うのは、不幸だみたいな話は、呪詛のたぐいかも。

そんなプレゼントで満足できるなんて・・みたいな。
そんなセンスで満足できるなんて・・・みたいな。

まあ、この手の呪詛って簡単で、
・満足
・プレゼント/センス
という2つの本当は違う物差しを混ぜるという手法ですね。

満足とか幸せとかそういうのって測りにくいから、大抵は目安となる別のもので計測するというのがあるので、そういう呪詛にハマりやすいと思う。

ここで、
・センスなんて関係ないんです
・値段なんて関係ないいんです
みたいな反論?をすると、呪詛にハマりやすいと思う。

つまり呪詛に関わること自体が、呪詛にかかるという話かも。

僕は、平凡な幸せを特別な幸せだと感じられないけど

僕は、平凡な幸せを特別な幸せだと感じられないけど、
平凡な幸せを特別なものだと感じられる人は幸せだよね

という話も、書き方によっては呪詛になると思う

・僕は不幸
・周りは幸せ

という風にはなってるけど、
周りの幸せは幻想だっていう文脈になっていたら、呪詛でしょう。

でもって僕は不幸とか書きながら、実際にはそれほど不幸を感じてないというのなら特にそう。呪詛はいくらでも巧妙にできる。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。