テキストエディタでプログラミングすると、勉強になると思っている旧世代の人たち

趣味でやってると多数派はどっちかわからないと思うので書いておきます。

IDEを使うとプログラミングを覚えない

まず第一の欠点はこれ。当然ながらIDEはプログラミングの補助をしてくれるので、自動で必要なコードを生成してくれる頭のいい奴です。でも、これって便利な一方で、プログラミング学習の面からみるとあまり良くはありません。プログラミングはやっぱり自分が手を出したところでしか覚えないものなので、IDEの頭がいいほどプログラミングが習得できないというジレンマに陥ります。

かく言う僕もかつてはC++BuilderというIDEを使っていた時代がありましたが、要素要素は学習できても全体的な仕組みについてはほとんど覚えることができませんでした。お恥ずかしながらオブジェクト指向プログラミングについて十分理解できないままやっていました。理解できたのはその後使ったJavaをテキストエディタでプログラミングしてからです。
僕がIDEではなくテキストエディタでプログラミングする理由 | 非IT企業に勤める中年サラリーマンのIT日記


僕がIDEではなくテキストエディタでプログラミングする理由 | 非IT企業に勤める中年サラリーマンのIT日記

IT企業に勤めるサラリーマンは真似しないほうがいいと思いました。趣味じゃなくて仕事でコーディングするならば特に

2016/07/01 07:55

旧世代の人たちがいうことに、惑わされないでということで書いておきます。
まあ、これがWindows95時代なら、そういうこともあるかなぁという話で、IDEが尋常ではない重さだったのはその通り。

でも、プログラミングの世界も普遍性があるようで、実は流行とか時代による変化というのがあるので・・・。引用先の発言や考え方って、もう旧世代というか古い部類の考え方だと思います。

今時は、IDEを使ったほうが明らかに良い。

僕がIDEではなくテキストエディタでプログラミングする理由 | 非IT企業に勤める中年サラリーマンのIT日記


これなあ。なんでも一人でやってると、IDEが自動化している所まで調べないといけないんで学習の順序がテキストエディタ -> IDEが最善になるのよな。複数人のチームだと、.proj の編集なんかしない人が多数派になるから

2016/07/01 08:30

分からなくても良いことは、分からなくていいというスタンスがとれないと、そうなるというのは確かにそう。でもよく考えたらわかるけど、使用しているライブラリーやモジュールの中身はブラックボックスなことが多く、いちいち中身の確認までしないのと同じように、ある程度はブラックボックスを認める立場でないと効率は悪いと思う。

知っていたら良いことと、知らなければいけないこととでは、優先順位が違うってこと。

僕がIDEではなくテキストエディタでプログラミングする理由 | 非IT企業に勤める中年サラリーマンのIT日記

ある程度チーム規模出てくるとこういうタイプの方がシンタックスエラーをコミットしたりスタイルチェックされてないコードを入れたりする問題が起こりやすいよなぁ。それでIDE推奨になる流れ。

2016/07/01 08:13

さすがにシンタックスエラーでコミットしないと思うんだけど、もしそういうイメージがあるとしたら、世代の違いなのかなぁと思う。つまり、IDEを使わない人はそういう傾向にあると思われているという状況が、現状だということです。つまり主流派でなくて少数派であるだけでなくて、スキルが低い部類だと思われてるということですね。

僕がIDEではなくテキストエディタでプログラミングする理由 | 非IT企業に勤める中年サラリーマンのIT日記

好きにすればいいと思うよ。一緒に仕事するのはお断りだが。

2016/07/01 08:02

僕も、そうは思う

IDEの自動化された部分

最後に出力するファイルが、テキストファイルなら、そのファイルをテキストエディタで眺めるだけで、十分勉強になると思うけど・・。

日本語変換(IME)がないと、文章が書けない(漢字がかけない)という状況を許容するか、それともそういうのに頼らなくても、文章書けないとダメだと思うかの違いだと思う。

まあ、理想は、IMEの助けなく漢字が書けた方がいいけど、それにこだわらないのならいろいろ覚えないといけないことが少なくなって楽だという状況がある。

漢字が読める、適切な漢字が候補から適切なものを選べるだけで、漢字を使ってかけるんだから。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。