胎児がダウン症などと確定の妊婦の人工中絶が、何%なら納得できるの?!

血液を分析して胎児にダウン症などの病気があるかどうか判定する新しい出生前検査を受けた妊婦は2万7000人余りに上り、病気が確定した人の97%が人工妊娠中絶をしていたことが産婦人科の医師などの調査で分かりました。一方で、ダウン症の人を対象にした調査ではおよそ8割が「幸せに思うことが多い」と答えたという調査もまとまり、専門家は「出生前検査を受ける妊婦やパートナーにダウン症の人などの実態を知ってもらうことが重要だ」と話しています。



このうち「陽性」と判定され、ダウン症などが確定した人は死産や流産した人などを除くと346人で、このうちの97%の妊婦が人工妊娠中絶をしていました。
一方、厚生労働省の研究班が、出生前検査に関連し、全国のダウン症の人5000人余りを対象にした初の大規模アンケート調査の結果もまとまりました。
このうち▽毎日幸せに思うことが多いかといった質問や▽お父さんやお母さんは自分のことを大事に思ってくれていると感じるかといった質問に対しては、回答を寄せた12歳以上のダウン症の人852人のうち8割に上る人が「はい」などと肯定的に答えていました。
胎児がダウン症などと確定の妊婦 97%が人工中絶 | NHKニュース


結果ありきで、こうでなければおかしいと思うのなら、逆に、目標値は何%ならいいんですかね?

良く知ったうえで、よく理解したうえで、多くの人は判断しているかもしれないのに、97%というのはおかしいということで、判断を誤ってるような気がするんですけどね。

胎児がダウン症などと確定の妊婦 97%が人工中絶 | NHKニュース

印象操作のようだ。選択肢として存在するなら、それをどう行使しようと、自由にさせるべき。 中絶が認められなくなるのか?

2016/07/03 15:13

よく理解したら、事実をしったら、中絶しないはずだみたいなのは、おかしいと僕は思う。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。