「マネキン買い」「カタログ買い」で失敗しないために・・

・顔が違う
・髪型が違う
・スタイルが違う
・着こなしが違う
・ポーズが違う
・雰囲気(オーラ)が違う

話が違うじゃないか!ネット通販で買った服の理想と現実を比較した画像 : カラパイア

原因は簡単で、すこしでもどこか違うと、大きく雰囲気が変わるというのが、ファッションという世界だからという理由です。

あと、ネットショップでも通販でも、商売のやり方というのがあって、原価の安いもの、売れ残ったものを、それらしく見せて売りさばくという手法を使っているとことは、そういう結果になりやすいかと思います。だから、リピータがつかない、口コミで広がらないので、宣伝に必死とかそういう感じになりがちかとも思います。

逆にいうと、安い服でそれっぽく見せたい時の参考になりますが、そういう層は割高感があるのでそういうところを逆に利用しないとは思います。

服には関係ない要素で、おしゃれ感を出しているものは排除する

気をつけ(直立不動となる人体の姿勢)の状態でも、その服装でおしゃれにみえるかどうかです。

ポーズでおしゃれに見せてる場合は、大抵はその服でなくても、違う服をそのポーズで着せてもおしゃれに見えたりすると思う。

じゃぁ、どうすればいいの?

自身のイメージとそっくりなモデル?が着ている服をえらぶとなりますが、大抵はおしゃれに見えないので、そういうモデルがいないか、いても買う気がしないとなります。

・髪型が違う =>美容室に行って髪型を今風にしてもらう
・着こなしが違う =>着こなしに依存しなさそうなおしゃれな服を選ぶ

誰がきても、それなりにおしゃれに見える服を選ぶべきという話ですね。
カットの仕方がとかそういう、着こなしと関係ない部分でおしゃれに見えるというものを選ぶのが無難

無造作にしていても服のラインがキレイにみえるとかそういう部分ですね。

前をはだけて?着る系のものは、大抵、着こなせないので失敗したことがある人は避けたほうが良い。おまけにポーズでキレイに見せてる写真の場合は、特に難しいと思う。

ブランド物は、その点はうまく作ってあるものがあるのと、
見る人が見るとすぐにそのブランドだとわかる、オーラがでているのが、おしゃれ感を後押ししてくれてると思う。

最低限できることは、体のサイズに合ったものを選ぶという点はできるとは思う。

スタイルをかえる

今時の服は、やせてないと、それなりに見えない服ばかりなので、やせれるのならやせるのが手堅い

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。