営業成績を壁に貼る行為は、パワハラか?!

営業成績を壁に貼られて……

さくら「ある方のケースです。営業職のその方の職場では、営業全員の成績が壁に貼られて、プレッシャーを感じたそうです。それで、「これってパワハラですよね」って相談だったんですけど、特にみんなの前で怒鳴られたとか無能呼ばわりされたとかいう話もなく、営業職なら普通の話ですよね……」

営業成績を貼りだされた…「パワハラ相談」の勘違い事例 - ライブドアニュース


・それってパワハラ?
したがって、いち早く経験豊富で労使の分野に長けた弁護士に相談すべきだ。さくら先生いわく、厚生労働省はパワハラにあたる6つの例として、

1.身体的攻撃
2.精神的攻撃
3.人間関係からの切り離し
4.過大な要求
5.過小な要求
6.個の侵害

を示しているとのこと。これがすべてではないが、労働者の人格権等を侵害するようなことが必要で、職場で嫌なことがあったからといって、なんでもかんでもパワハラになるわけじゃないのである。
営業成績を貼りだされた…「パワハラ相談」の勘違い事例 - ライブドアニュース


たぶん、上記記事から判断するに、営業成績を貼って、営業マンを競わせる行為はパワハラではないと思われる。

売上0とかだと、毎日針のむしろ状態なわけですが、それでもパワハラじゃないそうです。

先輩達は他の職員のことをあいつは使える、使えない
利益になる利益にならないという話を日常茶飯事でしている。

部下の目の前で聞こえるように。仕事の一つ一つを上から下から使える使えないで判断する。
皆見られているというプレッシャーで仕事にならない。そのことを先輩に指摘し、

評価をするのは問題ないが部下の目の前で口にするのはやめてもらいたいと伝えたところ
「それが嫌なら社会人である資格はない」と言われた。
これがパワハラかどうか判断してほしい


状況によるけど、微妙かなぁという気はする。具体性が欠けるんで、判断自体が難しいのでは?

個人的には、感じ悪いなぁとは思うけど、
マネージメントする人は、人を物のように考える人が多いし、また、役に立つ、利益になるとかそういう基準でしか見ない人が多いとは思う。

まあ、マネージメントはそういう仕事だからそれでOKで、後はその人の美学と人間性じゃないかなぁと思う。
人間性が悪い人に、人間性良くなってくださいっていっても、大抵は無駄なんで、スルーするに限るなぁと思うけどね。

口にだして言わなくても、態度と表情でわかってしまうんだから、表面だけでもキレイにしてくださいよといっても僕は無駄だと思う。

人間性と、仕事のできるできないは別なので・・・

人間性に絡めて、行動を改めさそうという人たちもいて、変なロジックを組み立てる人もいるけど、そんなロジックは嘘なんで無駄なんですよ。

人を奴隷のように売り買いしている人材派遣というところは利益をだしてないかといえば、逆で利益を出してるわけですからね。

どちらかというと、人間性なんて、利益をだしたり、仕事をする上では邪魔な存在だと思うよ。

規制緩和とかいえば聞こえがいいけど、今まで違法だったことの合法化に過ぎないわけで・・。

つまり、法律を拡大解釈してまで守るような倫理観の高い企業がよいのか、それともグレーゾーンを利用する企業がいいのかをみればよくわかるんじゃないかなぁ?

Googleやマイクロソフト、Appleとかみても、どっちの会社かすぐにわかるとおもうけどね。逆に、グレーゾーンを実績作って、白くしてしまうぐらいなんじゃないの?

表面だけきれいな職場も、息苦しいよ

パワハラとは無縁なんだろうけど、
キレイ過ぎて、息苦しくて、かつ逆にそのことがプレッシャーになるような・・。

仕事の難易度も、たぶん上がるし・・・。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。