属性を少し変えるだけで、イイ話にならないのなら、本当はイイ話ではないのかも

そうしてプラトニックともそうでないとも言えない奇妙な関係を続けていくうち、いつしか彼女と結婚することを思い立った。
確かに彼女に性的関係として愛情を感じることはない。
ただ、人として信頼できて、一生を共に過ごしていくことができる人という確信を覚えたからだ。

恋人になる告白は彼女からだったが、結婚のプロポーズは自分の方からした。
彼女は泣きながら「私でもいいの? 本当にいいの?」と喜んでくれた。自分は性を超えた深い愛情を彼女に感じた。
ゲイだが女と結婚した


当人同士が合意で来ていて、幸せならいいじゃないか?というのはその通り。

旦那が浮気性でも、妻がそれが良いというのなら、問題ないのと同じ。
でも、旦那が浮気性で、妻がそれが良いって言ってくれているという、旦那のイイ話って、
世間のある人たちにとっては、「イイ話」には聞こえないわけです。

「妻がそれで良い」って言ってるけど
それは本心か?
また本心であっても、本当は浮気してくれないほうが良いと思ってるのではないか?
とかいろいろあるわけですよ。

上記の引用先だと、浮気(遊び)とかないのなら、まあ「イイ話」かもしれないなと個人的には思うけど、でもいろいろ前提つけないといい話だとは僕は思えない。

そこで、普通の人だって浮気するでしょう?みたいな話は、イイ話の擁護には使えないだろうなぁとは思う。レスの人たちもいるでしょうと言う話も、特別ではないという話であって、イイ話の擁護には使えないだろうなぁと思う。

批判(中傷)?に対しては、特別ではない普通だというのをぶつけるわけですが、
イイ話っていうのは、特別でないと意味がないんですよね。

たしかに特別でなくて、平凡な話でもいい話はあるけど、今回のはそういうのとは違うような。

属性を少し変えるだけで、イイ話にならないのなら

色眼鏡でみているってことだと思うよ。

それが、私が自分の置かれている状況に気付き始めたきっかけでした。その生徒が今まで出会った障害者はみな、「感動的な話をする人」という存在だったのです。私たちはそうではありません。
障害者は感動ポルノとして健常者に消費される - ログミー


確かに、属性と感動話って切り離せないわけですが、それでも、そのあたりは考慮すべき問題だとは思う。

なに、イイ話にケチつけてるの?、空気読めないの?

まあ、そういうのは確かにあると思う。

ただ、イイ話って、それだけで存在して、何らかの思想や考えに利用されなきゃいいんだけど、大抵は利用されてしまうと思う。

で、もし利用されがちだと、そういう話に、違和感を感じる人たちは、ちょっと違うんじゃないの?って言いたくなるんですね。

だから、空気は読めてるけど、あえて言っているという感じだと思う。

イイ話系って、昔からいろいろそういうのがあって
事実でなくても、話自体がよいので、イイ話じゃないか?みたいなものまであるわけです。

イイ話が、イイ話だけで留まってる限りはそうだとおもうけど、事実かどうかが問題になるのは、イイ話が実際にあるかどうかでは意味が違ってくることがあるからでしょう。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。