愛至上主義者は、テクニック至上主義者と大差ないことを知るべき

被写体が写っていればいいと適当に撮って奥さんに怒られたので、「このワンポイントだけを抑えればセンスが無いって言われないコツ」ってありますか?と、質問している。

要は、本音では被写体なんてどうでもよくて適当に記録だけ残しておけばいい。でも怒る奴がいるからコツだけ教えてもらって小手先の対策で乗り切ろう。って事なんだよね。つまり、被写体に対する愛情の欠如を小手先のテクニックで適当にごまかしたいって言ってるわけだ。



アマチュアの人はすぐに、いいカメラが無いと!いいレンズが無いと!スキルが無いと!って機材や技に走りがちなんだがそれが不毛なことだという事に気付いてほしい。いい写真を撮るのにそんな物何も要らないのだ。スマホカメラで十分だし変な勉強なんてする必要など何もない。ただ、愛しい被写体を延々と見続けなさい。そして心が熱くなったらそっとスマホでその風景を切り取りなさい。それが人生の宝となる写真を撮る唯一の方法だ。

アマチュアの人は一眼レフを捨てなさい。シャッタースピードや絞りを、構図を全部忘れなさい。そして自分の心を温かくして被写体と向き合いなさい。人生の宝物となる写真が手に入るだろう。
アマチュアは一眼レフを捨てなさい それがいい写真を撮るコツだ - xevra's blog


愛だけでもダメだし、テクニックだけでもダメとかいう話とは違って、「愛」というものを過剰評価しすぎってところが問題だと思う。

テクニックだけで乗り切ろうとして、愛がないとかいうけど、
愛がなければ、テクニックで乗り切ろうとかも思えないかもしれないっていう話もあると思う。

愛情の演出なんていろいろできるわけで、実際に愛がなくても、愛があるかのように見せかけるテクニックさえあるんだから。

愛至上主義者に多いのは、自己愛を相手に対する愛だと勘違いすることだと思う。

>そして自分の心を温かくして被写体と向き合いなさい。人生の宝物となる写真が手に入るだろう。

これって、相手にとっても良い写真顔かは不明で、
細く見える構図で撮られることを望んでいるのなら、そう取ってあげたほうがよいと思うけどね。


愛よりも、センスでしょう?

・料理
・服装

なんでもいいんだけど、愛があれば、センスを超えれるかといえばそんなことはない。
愛があれば許せるだけで、センスがあるほうが良い場合のほうが多いと思う。

その愛も、相手からの愛を感じて許せるというわけではないと思う。

愛があれば、綺麗なキレイな写真が取れる原理

被写体が美しくなるように、被写体の好みに合うように、写真を撮るだろうという話だけ。

でも、
被写体が美しくなるようにとか
被写体の好みに合うようにとか
が、テクニックで

愛だけで、テクニックが取得できるわけないんです。
センスがない人たちにとっては、テクニックが必要なんです。

愛至上主義者は、根性論者、精神論じゃとなにも変わらない

感動的な話をするだけで、実際には何の役にも、解決にも至らない。

会社の新人教育でも、精神論だけで何も教えてくれない先輩や上司で苦労することが・・。
まず先に、ほんの少しだけでもコツを教えあげればいいのに、それだと小手先で心がない仕事しかできないとか言い出すわけ。

良いカメラの魅力

>写真を撮るのにそんな物何も要らないのだ。スマホカメラで十分だ

スマホカメラで頑張れることは、構図だけ。構図のセンスがすべてだと思う。

良いカメラがなぜ良いかといえば、構図のセンスがなくても、解像感がある写真ができて、スマホよりも良い写真に見えたりすることがあるから。空気が映っている感じがするぐらい違う。

スマホカメラでとるには、愛は必要だとは思う。満足できるまで何回もとるという愛という名の忍耐力。スマホカメラでキレイな写真を撮ってる人の一部は、何回も取り直してキレイになるまで頑張るという根性論で撮ってたりするよ。



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。