「人はみんな良い人だ」という人は、本当は人間を信頼していない

朝出勤すると「○○さん、おはようございます!」
というのは当たり前で、夕方くらいになると「今日は○○さんと一言もまだ話せてなくて、寂しいです!」とか言ってくる。
媚を売ってるとか、打算的にじゃなくて、本当に純粋にそう思って言ってるみたい。
歓迎会で話してみると、基本的な人間に対する認識が自分と違うことを知った。
その子はまず、人間とは「皆いい人だ」という前提があるらしい。話をすれば分かるし、会話すれば通じるはずだと思ってる。
嫌なやつどうするの?と聞いたら、「嫌なやつフォルダに入れる」らしい。そこで初めて警戒する人間と認識するのだと。
人は皆いい人だと言う新卒の子


嫌な奴を人間とみるか?人間と見ないかの違いかもしれないよ。

つまり、嫌なやつフォルダに入っている人間は、人間だと思っていないというオチ。
よく考えると、ひどいやつなんですよ。

僕は、こういう営業マンマインドな人をあまり信用できないし、言葉通りにはうけとれないなと思う。
それこそ、言葉の定義が違ったり、認識が根本的に違うから。

「寂しいです!」とか感情に訴える方法って、意外と効果があるので、人間嫌いな人はコロッと落ちてしまうよ。

寂しいですを使う人に用心

人は皆いい人だと言う新卒の子

「まだ話せてなくて、寂しいです!」的なアプローチをする女の子が実際に身近にいたけど、半年くらいで要注意人物としてマークされてたな……。その子は公私でトラブル多すぎた……。

2016/05/23 13:48

実際には、周りにいい人がいないと存在できない「子」だというオチもある。
悪い子じゃないんだけど、要注意人物みたいな。

僕の経験上は、この手の人はトラブルを起こしやすいと思う。
まず、用心深くないんというのがあると思う。でもって、本人は大して被害にあわないで、周りの人間がかなり迷惑になるという理不尽なトラブルを起こす。

つまり、本人は周りは良い人って言い続けられるんだけど、その被害にあう人たちはそうは思えないかもとかですな。

僕も、人の善意を信じてるよ

おれは人見知りなほうなので、この子と逆で、基本的に全ての人間は「嫌なやつフォルダ」に入れている。
色々話して信頼するに足る人間だと認識すると、フォルダの中から取り出して「信頼できる人一覧」にリスト化する感じ。
みんなどういう認識してるんだろう?
人は皆いい人だと言う新卒の子


別に悪くないと思うんだけどね。
最初に、人の心に土足で入れる人と、そうでない人との違いにしか過ぎないし・・。

周りはみんな良い人って言ってる人も、周りを信頼しているとか限らないから。

あと僕も、人見知りだけど、それでも人の善意は信じてるけどね。
たぶん、「周りはみんな良い人」っていっている連中よりも、もしかすると、人の善意を信じてると思う。

なぜ、「周りはみんな良い人」だと思っているのに、人間不信にならないのか?を考えてみればよくわかると思う。そもそも、そんなに周りを信じてないから、人間不信にならないんですね。でも、言葉では周りはみんな良い人っていうんだけど、たぶんその言葉の意味することが価値観によって違うと思う。


関連記事

人間不信を克服する方法はあるか?

スポンサーリンク

『「人はみんな良い人だ」という人は、本当は人間を信頼していない』へのコメント

  1. 名前:匿名 : 投稿日:2016/05/25 12:43

    このコラムでは他人に依存したり救済や配慮を求める愚かさを
    度々指摘されていたと思うのですが、
    結局、基本的には性善説ベースで問題ないというお考えですか?

    みんな自分の利益が第一なんだから社会に期待するな、盲信するな
    分かり合おうなんて幻想だ
    みたいな話が散々出ていたような気がするんですけど

  2. 名前:管理人 : 投稿日:2016/05/27 20:10

    以前もコメントくれた方でしょうか?

    >みたいな話が散々出ていたような気がするんですけど

    確かにそう書いてきましたけど、

    性善説ベースでも問題ないかもしれないけど、
    期待値は高すぎるとダメかもしてないね程度かも・・・

    性悪説ベースですって表に出すと、逆に偏屈気味な難解な人たちが周りに集まりだしたりするので、それはそれで生きづらいかもと思うのと、
    性悪説が真実で事実でも、あまり気分のいいものじゃないなぁというのはあります。

    >このコラムでは他人に依存したり救済や配慮を求める愚かさを
    >度々指摘されていたと思うのですが、

    期待値が低ければ、問題ないような気はします。
    他の人はわからないけど、周りの人たちは期待値がそれほど高くないのかもとは思います。

    期待値が低いと、
    人を信じている、人の善意を信じているとかいっても、裏切られてもたいして心的ダメージが少ないのかもしれません。


    宝くじを買う人は愚かだと考えるか
    宝くじ程度買って、楽しめない心の余裕のない人は愚かと考えるか
    その時々のような


    絶望的になってる人に、希望を与えるのは良いかもしれないけど
    その希望が嘘だと分かった時は
    もっと絶望的になり、よりひどくなる場合もあるので
    希望を与えることは良いことであっても、程度問題とかはあると思うんですね。

  3. 名前:匿名 : 投稿日:2016/05/29 23:03

    性悪説ベースの考え方であっても、表面上に出さなければ問題ないのでは
    本音を出していたらそもそもまともな付き合いなんてできないと思いますし

    期待値を低く持つことで迂闊な判断や精神的なショックも避けられ、
    無駄なストレスを蓄積しなくて良いと思いますが
    むしろ性善説よりも性悪説の方が個人としては生きやすい気がします

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。