サラリーマン的社会人は、立派だという思い込み

本業が終わってからは全てをアフィリエイトに費やした。



アフィリエイトで月収200万円稼げても、社会人としては未熟なまま。だからどこが不安が残る。


理由1:人間関係をまともに築けない。
好きな事をして月に100万円の収入があるのに、
理不尽な事に頭を下げて月20万円を貰おうとするのは、無理だ。
もし収入源が本業だけであれば、素直に頭を下げれただろう。
そして、そこから学ぶ事も多かったはずだ。


理由2:地位や名誉は得られない。成功者として認められる将来が見えない。
世間的に認知されていない仕事で成功しても、どこか胡散臭さが残る。
アフィリエイトで億稼いだとして、
親や恋人、恋人の親族に、上手く説明出来ている姿が思い浮かばなかった。
どこかビクビクしながら生きていかなければいけない、
そんな未来は嫌だった。


理由3:ビジネススキルが身に付かない。
正直、かなり適当でもそれなりの金額を稼ぐ事が出来る。
勿論、それなりの作業量や勉強は必要だが。
しかし実際のビジネスで必要な対面スキル・コミュニケーション能力が全く身につかない為、
アフィリエイトで稼げなくなった時、他の仕事で通用する気がしなかった。
20代 副業アフィリエイトで月収200万円稼げても決して幸せではない。


アフィリエイトで月収200万円稼げても
たいしたことをしているわけじゃないという思いが強すぎるんじゃないかなぁと思う。
実際、たいしたことをしてないという話ががあるのなら、まあ、それで誇れると思うことが間違っているわけですよ。

世間が認めなんじゃなくて、まず自身が認めてないんです。
あぶく銭であることと、金額のすごさは別ってはなしかも。

月収200万円はすごいけど、ただそれだけ。それ以外の付加価値はありませんって言うだけの話。
同じ月収200万円でも、あっちは違うんだとか言う場合は、向こうは苦労して稼いでいるとかなんじゃないのかなぁ。

例えば、医者とかは、医者になるだけでもかなりの金額と労力を使っているわけで、同じ月収200万だとしても、同じだったら逆に発狂するのでは?


いわんとしてることはわかるけど、あまり関係ない気もしなくはないんですけどね。
本業って何か不明だけど、上記の文章のイメージから見る限りはサラリーマンなんじゃないの?と思う。

(サラリーマン)エンジニアでも自身の技術や能力がある人は、頭下げない人も多いよ。頭下げるかどうかは、必要性と人間関係の強さによる部分が大きいので、頭を下げれることが偉いわけでもなんでもないとは思うけどね。

で、頭を下げたから学べることってなにか?っていえば、金にもならないプライドは捨てろってことぐらいなんじゃないの?

頭を下げること、理不尽なことに対応できることが、すごいことのようになっているのは、そういう物語でうまく使おうっていう資本家階級の知恵なのかもとかそういう考え方もできるわけで。要するに、バカ。


億稼いでも、地位や名誉を得られないって言っても
その半分をどこかの慈善団体に寄付するとかすれば、名誉ぐらいは得られるんじゃないの?
つまり、金で買うことが可能。


親や恋人、親族にうまく説明できないというよりかは、
ブランドイメージとして悪いから、嫌だって話ですよね。

大手企業に勤めてたら話しやすいけど、名もない零細企業だとうまく説明できないみたいな。
零細企業で、取締役になっても、なんか説明できないみたいな。
年収も20代にして1000万円ごえしてるのにって言う話で・・。


ビジネススキルってそもそもなんですか?と思う。
カッコよく体裁を作れる能力か何かですかね?

本業(サラリーマン?)は、そんなにビジネススキルが豊かでないとできない代物なんですかね。

そもそもサラリーマンノビジネススキルでさえも、会社依存、業界依存で、なにかあったら他で通用するか微妙だといえば微妙だと思うけどね。


ビジネスマナー研修に行け。底辺が身につけても意味ないが、自分でビジネスをするなら必須の知識を教えてくれる。
たかが月100万も稼げない貧民にとっては、月収200万は羨ましすぎて冷静に考..


サラリーマン経験があまりない状態で、起業して会社まで作った社長は、こつこつ本とか講習とか受けて、それなりの体裁を作る人たちが意外と多い気がする。特に学歴があまりたしたことがない場合は特に・・。

本とか勉強とか無縁そうな社長でも、必死で勉強してるんだろうなぁという話ですよ。ちょい昔なら、何でもかんでも横文字をつかいたがるとかそういうの。

まあ、昔の話なので今もそうだかわからないけど、なければないで、身に着ける方法や、体裁だけ保つ方法なんていろいろあると思うんだけどね。

ビジネスマナーって何をさすのか不明だけど、そんなの知ってるかどうかに近い部分があると思う。あと、サラリーマンしてても、零細企業とかに勤めてたら、ビジネスマナーなんてそもそも教えてもくれないところ多いけどね。

クレームを入れるときでも、
「いつもお世話になっています」とメールの本文が始まったら、
相手が、社会人経験ある人だということで、用心する程度の話なんじゃないの。

大学出ている人は、ちがうな

・学ある人はちがうな
・大学出ている人は、ちがうな

昔でいうとそういうのと似てるかも。

同じ、ニートでも、
高学歴ニートの一部は、すごいプライドを持ってたりするけど
でも、ニートには違いないですよね。

それは本人だけがそう思っているかといえば、世間だってやっぱり違うかもと思っていると思う。

副業アフィリエイトで月収200万円稼げても、高学歴ニートに負けるって言う可能性も多々あるわけです。
たぶん、学歴がないのが原因かも。

ビジネスマナーも、頭を下げれないのも関係なく、負ける?んですな。

勝ち負けってなに?っていう話はあるけど・・・。

職業に貴賎なしとかいうけど・・・

実際には、あるからこそ、そういう名言が必要なんだと思う。
そもそも、貴賎がないのなら、そんな言葉さえも出てこない。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。