「メルトダウン」「ただちに」「シーベルト」という流行語

ふと過去の流行語についていろいろ見ていたんだけど、日航機の羽田沖墜落の時には「機長、やめてください」、日航ジャンボ機墜落の時には「ダッチロール」が流行語になっていたということを知って鳥肌が立った。何百人という死者が出た悲惨な事故に関係している言葉を軽々しく「流行語」にしてしまう昔の人の神経が理解できない。というか、怖い。現代人と根本的な部分で感覚が異なっているような気がする。当時は「そんな言葉を安易に使うのはおかしいのではないか」といった論調はなかったんだろうか。
昔の人が怖い


なんとなく釣りっぽい気がするんだけど、気のせいかな。

新語・流行語大賞ベスト10、「メルトダウン」「ただちに」「シーベルト」など原発事故の用語入らず
・2011年新語・流行語大賞に選ばれたのは女子サッカーW杯ドイツ大会で優勝した「なでしこジャパン」。トップ10にはやはり東北大震災に関連する「帰宅難民」など5つが選ばれた。



 トップ10の他の9語は「帰宅難民」「絆」「こだまでしょうか…」「3・11」「スマホ」「どじょう内閣」「どや顔」「風評被害」「ラブ注入」。海外の新聞にも取り上げられ、いたる所で目にした「がんばろう日本」は選外だった。
流行語大賞「メルトダウン」「ただちに」入らず- ニュース・時事問題 | 教えて!goo


現在では、他人を不快にさせる可能性のある言葉を流行語に選ぶと、傷ついた本人たちよりクレーマーがうるさいですからね。
それで責任取るのが面倒なので、今後の「流行語」は差し障りのない言葉ばかりになってゆくことでしょう。
流行語。昭和60年度はダッチロール(日航機墜落)が流行語... - Yahoo!知恵袋


4 安全神話
12 瓦礫
13 がんばろう日本 
14 絆
17 計画停電
18 原子力ムラ
23 シーベルト
26 除染
29 ゼロではない
33 ただちに
34 脱原発
43 トモダチ作戦
45 内部被曝
49 風評被害
50 フクシマ50
53 放射線量
54 ホットスポット
59 メルトダウン
新語・流行語大賞 2011 ノミネート語


・ただちにxxxxありません
・メトルダウン
・シーベルト

野蛮さと寛容さは、紙一重だと思う

昔のエピソードとかを見たり聞いたりすると、本当に荒々しくて粗雑で野蛮だと感じることが多い。現代に生まれてよかった。
昔の人が怖い


現代のほうが寛容か?といえば、こんなのを流行語にするなんて許せないっていう「野蛮さ」とともに存在していると思うけどね。

今も昔も、表面から見えない部分では、汚いものが普通に存在し続けているという現実もある。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。