洛中以外は京都でないから・・・

ていうか、京都人ってほんとになんか偉そうな気がする
昔の「ぶぶ漬け」の話じゃないけど、なんかこうよそ者を見下してる感じがするんだよね



こないだ、知人が京都に観光に来て、和服姿で下駄掃いて歩いてたら、どっかのお店の人がその姿を見て回りくどく馬鹿にしてたらしい
そーいう気質って京都人独特だと思うけど、なんかムカつくと言うかさ
なんか知らんが京都って偉そうでムカつく


東京の人が、地方出身者?地方から出てきた人を見下すようなものなんじゃないかなぁと思う。当人たちにきけば、見下してるつもりは全然ないというと思うよ。

でも、見下されてるほうは過敏に感じるんですよね。

京都もそういう雰囲気はあるのはある。でも、鈍感な人は全然気にならないので、気にしないことだと思うけど。

 洛外に対する言葉は、洛中。どちらも京都以外の人間には聞き慣れない言葉なので、簡単に説明しておこう。洛中とは、京都の市街地のことで、碁盤の目の中、かつて都として機能していたところだ。対する洛外とは、その周辺のことで、かつては都の外だったところ。著者によると、現在では京都市に含まれている洛外だが、今もって洛中人から格下扱いをされているらしい。



 このような例に見られるように、洛中人は、洛外人を見下している。京都に天皇がいて、徒歩移動が中心の近世以前なら、この意識はわからないこともない。都会人が田舎者を見下す意識なのだろう。しかし、現代においても、この意識が変わらないのはなぜなのだろうか。
「ええか君、嵯峨は京都とちがうんやで…」 簡単に京都生まれと言ってはいけない | ダ・ヴィンチニュース


京都内でも昔から、洛中に住んでいる人だけが京都人だと思われているよ。100歩譲っても?京都市内の人たちだけが京都人みたいな。

伝統をコスト安く維持するのには、根拠ないプライドというのが必要な気はするけどなぁ

祇園祭が始まる約1ヶ月前から、お稚児さん・禿に選ばれた男の子達やその家族、関係者は既に大忙しなんです!
京都観光ポータルサイト - e京都ねっと | [祇園祭]お稚児さんの祇園祭


毎年秋くらいに来年のお稚児さんが決まったとニュースが流れると、
決まって親父さんの職業が「会社役員」なので・・



実際問題として、地位とお金と縁故がない家はできません。

選ばれるといろいろな人(親戚、父や祖父の仕事関係者、京都の政財界関係者等)がおめでとうございますと挨拶に来ます。
お茶をださないとなりませんし、時分時にかかれば食事も必要です。
お世話になってい人、お世話になる人をお食事にも招くこともあります。
祇園祭の山鉾巡行で、 - 先頭のなぎなた鉾に乗って出発の縄を... - Yahoo!知恵袋


稚児に選ばれますと、
父母は、」本人の羽織はかまや着物を新調
することはもちろん、行事の後の宴会費用、
参加者のハイヤー代、謝礼などまですべて
自己負担しなければなりません。

2000万円は下らないとみられる経済的な
負担ばかりでなく、学校に相当数の
「公欠」の配慮をいただくなど、
まあ、並の家庭にできることでは
ありませんわな(;^_^A
京都祇園祭のお稚児さんって大変!選び方や選ばれた時の費用について | 1/2mama


2000万を使うなんてばかばかしいとか思いだす人たちが増えれば、伝統は維持できないかもしれないっていうことはないのか?って話ですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。