単純作業は苦にならないんだけど、給料安いのは苦になる

アメリカではちゃんと教師が教えてくれるそうだ、「勉強しないと一生マクドナルドの店員になるぞ!」とね
なぜ日本の教師は教えないのだろう
ライン工をはじめとする単純作業を一生毎日8時間と言うものがどれ程恐ろしく地獄で退屈かはやってみたものでないとわからない。
それは死よりも重い刑罰…!
「死にたい」なんて誰でも思うことはあるけど、そんな甘いものじゃないんだよ。本当の意味で「死にたい」って言うのは、こう言うことなんだよ



勉強さえしていれば…!
勉強さえしていれば…!
勉強さえしていれば…!
勉強しないと刺身にタンポポ乗せる仕事を


ライン工でも、大手で社員なら僕的にはいいかなぁと思わなくはない。実際にやったことがないので想像の範囲だけどね。

「単純作業は苦にならないんだけど、給料安いのは苦になる」というのは僕の心境だけど、人ぞれぞれ苦になる部分は違うと思う。

単純作業は苦にならないけど、工場系の人付き合いとかはちょっと苦になるとか、いろいろ微妙な話もあるとは思う。

勉強より、コミュ力?!

拙者は一生懸命勉強をして京大に入学し卒業したが
30過ぎたのに非正規の職しか付いたことないし年収は300万を超えたことが無いでござるよ
単純作業も沢山やったでござる



思うに勉強なんかよりコミュ力の方が大切でござる
拙者は一生懸命勉強をして京大に入学し卒業したが 30過ぎたのに非正規の職..


人ってないものに原因を求めがちなんだろうなぁと思う。
勉強がコミュ力にする変わってるだけで・・。

実際は、勉強もコミュ力もで、
ある一定水準以上ないといろいろ辛いっていう話のような気がするんですね。

楽したかったら、勉強しろ

・単純作業して給料が安いけど、なんとなく楽
・やりがいがあって給料が高いけど、なんとなく楽でない

僕は、楽したかったら勉強しろみたいな時代のムードでそだったけど、
楽したいだけなら、勉強する必要ないんじゃないの?と思ってたりした。

楽する=給料格差の部分の話で、そのほかの部分はあまり考慮されてなかったと思うんです。

で、今と違って、人がやりたがらない仕事とか肉体労働系って、意外と給料高かったんですね。今は、知的労働でない、だれでもできる仕事扱いで、かなり安くなっていますけどね。

あと、勉強しろでなくて、実際には、学歴を身につけろみたいな話だしね。

働かないために、勉強する?!

働きたくないでござる!!!
拙者は一生懸命勉強をして京大に入学し卒業したが 30過ぎたのに非正規の職..


僕にとって楽なことは、働かないことなんですが、
たぶん、勉強した程度では無理なんじゃないのかなぁと思う。

多くの人は「不労所得」とか大好きでしょう?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。