京大の「自由の学風」について

カリキュラムが酷いと訴えても「大学は自学自習だから自分で学べ」と突き放す、「自由の学風を勘違いしているんじゃないか」と脅迫する、これが日本で二番目と言われる、「自由の学風」をスローガンに掲げる大学のやり方です。俺は知らない、お前のせい、そのために作られたまやかしの「自由の学風」という看板に、多くの受験生が惹かれていく現実には目も当てられません。



学歴のせいで目が潰れているのは、他ならぬ京大生自身です。


それを担うのは、僕のような退学していく人間では
なく、京大に新しく入る現在の受験生であり、“京大の教育は本質的に失敗している” ことにきちんと気づい
て、その上で「大学とはそういうもの」と諦めず、対処できる力を持った人間です。もし「大学とはそういう
ものだ」という諦めと共に入学するのであれば、悲惨な結末が待っているでしょうし、「大学を少しずつ変え
ていかねば」という問題意識を持って入学するのならば、素晴らしい未来が約束されることと思います 87。

P14
https://dl.dropboxusercontent.com/u/1373361/dropout.pdf


僕は、引用先のこの人の文章などをみても、この人は「自由の学風」の影響を受けているなぁと思うんですね。
学風というのは、カリキュラムでは作れないものなのでは?と思う。
ある意味、成功している実例になってるような・・・。

そういうものを求めて京大を選ぶからそうなるのか、それとも京大というその場がそういう風にさせてるかはわからないので何とも言えませんけどね。

つまり頭の賢い人が集まるから結果として、すごい人?たちを輩出してるのか?
それとも、高度な教育?を受けられるから、すごい人?たちを輩出してるのか?
もしくは、その両方の相乗効果なのかは、分からないけど。

金持ちが多いから治安がいいのか?
治安がいいから金持ちが集まるのか?
その相乗効果なのか?

引用先なんですけど、読みものとしては面白い感じがするんですが、
先入観というか否定的な気分で最初読んでしまったので、ダメだったかもと思います。

まあ、他人事なんで、読み物として楽しんで読めばよかったかも思います。
そうすれば、学べることも、考えるべきこともいろいろあって、何かが刺激されそうな気がします。

日常生活でも、まずは先入観を持たずに、読み物として読んで楽しんでからのほうがいいのではないかなぁと思います。

大学を変えなくても、社会(大学)の問題と考えずに、個人の問題だと考えて解決する路線もあるかなぁと思います。それって、会社(職場)を変えなくても、個人の問題として考えて解決する路線もあるのと似たようなものだとは思います。

会社とかでも、「自由の社風」みたいな感じで人を集めてるけど、っていうのと似ている感じの話なのかもと思うんですな。育児ができる、女性にやさしいとかでも似たようなものでは?



以下、殴り書きというか、否定的な気持ちで読んだ感想

「社会の問題」と「個人の問題」の切り分けの難しさ

クソながいけどがんばって書きました。是非読んでくださいおねがいします。
https://dl.dropboxusercontent.com/u/1373361/dropout.pdf
京大受験生のための京大退学エントリ


読んだんだけど、どのあたりが理不尽なのかあまり理解できなかったんですね。
他も似たようなものなんじゃないかなぁという話と、本来はどうあるべきというのは別というのはあるので何とも言えないんですが・・。

で、これって、「社会の問題」と「個人の問題」の切り分けの難しさなのかなぁと思ったわけです。

で、社会の問題か個人の問題かは別にして、短期間に解決するためには個人の問題にしてしまうほうが手っ取り早いって話かもと思うんですね。

留年したら自由度があがるのなら、留年してしまえみたいな。

僕は京大生は、留年・休学組が意外と多いと思ってたんですが、単に知ってる人たちがそうだという話のようです。

京都大学の各学部の留年者数等に関するデータ - zekipedia


このあたりを流し読みすると、学部留年率、学部休学率は僕が考えているより少ない感じはしますね。

興味をそそられた話

英語教育はほとんどの場合非常勤講師によって行われます。例によってクラス指定で教員を選ぶことはで
きません。そして非常勤講師の質が、あまりにも、あまりにも、あまりにも劣悪です。適当なテキストを買わ
せ、その場で適当に訳させるだけ。「なんとなく学生に侮辱されたから」というよく分からない理由で、講義
をほっぽり出して途中で退出する。語学の単位を落としたら進級できないことを知っているから、単位を人質
にしてやりたい放題です。それは学生の態度が悪いからでは、という指摘はもっともですが、内容は「なんか
ムカつく」のような理由であって、こっちが黙っていれば「なんか不満でもあるのか、喋れ」、何か喋ったら
「うるさい、黙れ」。理不尽でしかありません 22。

P6
https://dl.dropboxusercontent.com/u/1373361/dropout.pdf


第二外国語が抱えている問題は英語教育で述べたことと、あまり大差ありませんが、非常勤講師が少ない
だけ英語よりはマシと言えます。が、これもクラス指定ですので教員を選べません。僕が履修した中国語の
教員は、kyoto-u.com27 で「段ボール箱に 100 円を入れるよう指示された。強制ではないが単位がかかってい
るので入れざるを得なかった」などという告発を(僕が履修する二、三年前に)受けていました。これが本
当かどうかは分かりませんが 28、やはり人格に問題のある教員であるという事実は確かでした。



教員側が、「あぁまた一回生どもか、どうせ忘れるんだろうな」み
たいな考えで講義をしているのは見え見えです。結局そうなるのは、第二外国語の存在意義を問われた際に、
きちんとした受け答えができない状態であるにも関わらず、作ってしまったものはしょうがないと無理矢理
カリキュラムを押しつけているからだということになると思います。
P9
https://dl.dropboxusercontent.com/u/1373361/dropout.pdf


前のページから推察するのに第二外国語は選択できるので、中国語を選んだのはこの人だということになろうとは思う。ただし、ただ教師などは選べない。

今時はわからないけど、第二外国語に中国語をえらぶ工学部の人間って、微妙な気がします。

助教以上の教員が務めているようですが、教育の専門家ではないですし、しかもやはりクラス指定で無理矢理
講義の数を増やした結果、必要な教員数が無闇に増え、質は混沌としていて専門科目への橋渡しができるの



か極めて疑問です。教員によってレベルの差がありすぎ、僕が履修した微分積分学では、理学部から引っ張
られてきた教員が珍妙かつ難解な話を始めたので、慌てて高木貞治の本を買ってウンウン悶絶しながら自習
しましたが、あるいは別の所では、「数学を語れ」みたいな禅問答の試験一発で通したなどという話もあり―
―もしクラス指定さえ無ければレベル別で授業を開講できたであろうに、クラス指定という制度があるおか
げで、学生は「たまたま良い先生だった」「たまたま微妙な先生だった」というような「偶然」「運任せ」を
強いられてしまうのです。あと酷かったのは、数理統計だかなんだかそういう講義で、全く同じタイトルの
講義なのにもかかわらず、測度論から始める教員と、確率分布の各特徴だけを天下り的にやって棄却域がど
うのこうのという話しかしない教員がいました。
P10
https://dl.dropboxusercontent.com/u/1373361/dropout.pdf


教育ってなにを指すのか不明だけど、教授?や助教授?たちが教育の専門家でないのは当たり前だと僕は思ってましたが、実際のところはどうなんでしょうね。

当たり外れが多すぎます。でも、たまーに、ものすごい当たりを引くことができます。留年したことによっ
てクラス指定の縛りから抜けだし、ケインズや聖書、美術史等々、面白い科目を取ることができたのは幸い
でした。
そういえば大澤真幸先生は喋りが上手くて面白かったですが 33、前期の授業を終え、後期も履修しようとし
たらセクハラで退職なさったのは極めて残念です。
P10
https://dl.dropboxusercontent.com/u/1373361/dropout.pdf


工学部を選んで、「ケインズや聖書、美術史」とかに執着?するのはなんか方向性がちがうような。

京大教授、不適切関係で辞職
自ら認める セクハラか
 京都大は16日、学生と不適切な関係があったとして懲戒処分の手続きを進めていた教員が、自ら問題があったことを認めて辞職したと発表した。

 関係者によると、教員は大学院人間・環境学研究科の50代の男性教授で今月付で辞職した。女子学生がセクハラ行為として大学に訴えていたという。

 大学によると、当該の学生(当時)が教員の行為について大学の窓口に相談し、調査の結果、教授会で「懲戒処分が妥当」との結論を出した。大学が教育研究評議会での調査を開始しようとしたところ、教員から「教員として問題があったことを真摯(しんし)に受け止めて反省し、辞職する」との通知があり、さらに後日、退職金を受け取らないとの申し出があったという。
Kyoto Shimbun 2009年9月17日(木) 京大教授、不適切関係で辞職 自ら認める セクハラか

コラム:第72回 - 日々徒然

抗議が糞なら人間性まであれこれ言われ、よさげ?なら残念ですになるのが気になったので、検索してみたけど詳細分らず。

ですが、取りたいポケット・ゼミ(以下ポケゼミ)は基本的には定員 39 を超えたら抽選です。また、理系
の学生が理系のポケゼミを履修した場合卒業単位に加算されないこともあります。加えてポケゼミは原則在
学期間を通じて一回しか履修できません。これは極めて残念なことです。ただしポケゼミの拡充は僕の在学
期間を通じて行われており、前期のみ開講だったのが後期も開講するようになるなど、年度ごとに良くなって
いるようです。ポケゼミについては唯一大学当局の判断を称えるべき点だと考えます。とはいえまだまだ整備
段階で、受験生の皆さんが期待出来るほどのものではまだないと思います。カリキュラム的にもおまけ的扱
いにされてしまっています。
逆に言ってしまえば、全ての全学共通科目はポケゼミ的であるべきです 40
P11
https://dl.dropboxusercontent.com/u/1373361/dropout.pdf



理不尽な目にあっても、切り開いていける力

大学受験生は賢いです。京大を受験しようとする人たちは賢いです。それゆえ「京大」というネームバリュー
や、「自由の学風」というまやかしに騙されないで欲しいと願い、そのまやかしと嘘を暴くことに重点を置い
て書きます。それでもなお京大に夢を持って入るのは結構なことだと思います。しかし夢を潰されたと感じな
いよう、あらかじめよく読んでおいて下さい。受験生の皆さんは、多くは十代ですから、様々な夢を抱いて
いることと思います。その夢は、壊されるべきではありません。「現実」「社会」なんてものに壊されるべき
ではありません。まして大学という理想と真理を追究する場で壊されるなんてもってのほかです。十代の時
に描いた夢を、簡単に打ち壊してしまう教育など、あってはなりません。
https://dl.dropboxusercontent.com/u/1373361/dropout.pdf


こういう理不尽なことがあるよと納得して入った場合は、その理不尽さを感じにくいとかもあるとは思う。

僕のイメージも、京大は「自由な学風」というイメージが強くて、そういう風に京大出身者をみてしまいます。
でもって、引用先の文章も、ほかの大学ではない京大生?らしい雰囲気がしなくはないとも思います。

まあ、人間、こうに違いないとおもって読めばそう感じてしまうという部分があるので、実は京大関係ない人が書きましたとかいうオチがあるのかもしれないけど・・。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。