金で買えない「かけがえのないもの」は、この世の中にあるのか?!

そして、カネで買えないものが自分はとことん持てないのも理由の1つだ。
「金で買えないものはない」という言葉が嫌われる理由が自分には分かる。
それは容姿が醜い者が大抵そのようなことを言っているというのが理由だろう。
不細工の遠吠え。



僕は惨めだ。
金で買えないものがない世界のほうがずっと救いがある。
金で買えないものがない世の中の方が救いがある


「金で買えないものがない」世の中になったとしても、
金で買えるものは、「かけがえのないもの」と思える人が少ないと思うので、
やはり、金で買えないものを作り出そうとするとは思う。

つまり、「かけがえのないもの」を欲しているわけです。

昔の金持ちは、お金を手に入れたら次にほしがるのは、名誉とかそういうものだった気がする。
最近は、名誉も暴落して、ほしがる名誉も少なくなってきてるとは思う。

金で買えないものは、ないが・・

千石。俺は金が好きだ

なぜかと言えば、金はすべての代わりになるからだ。
ありとあらゆるものの代用品になる、オールマイティーカードだからだ。

物も買える、命も買える、人も買える、心も買える、
幸せも買える、夢も買える――

とても大切なもので、そしてその上で、
かけがえのないものではないから、好きだ
化物語などの物語シリーズでの名言をたくさん教えてください... - Yahoo!知恵袋


所詮は、代用品なんですね。

金で買えないものがない世の中の方が救いがある

買えないものってなに?親とか? 容姿なんて整形でなんとかなる

2015/10/23 03:29

買えるけど、代用品。
一緒のように見えて、同じではないものしか買えないということが多々あると思う。

まあ、区別ができなくなれば、偽物も本物になるとはおもうけど、でも区別できないほど同じものを手に入れることはこの世の中では難しいと思う。

だって、どこかに違いは絶対にあるものだから。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。