カースト上位という幻想

仕事で出会う学生さんに
『ねむれないさめさんって、中学生のときとか、男子従えてパン買いにいかせてたっぽいイメージですよね~』
とか

『授業さぼって屋上とかでたむろってたりしてたんでしょ~』
とか言われる。

いかにもカースト上位にいたっぽい印象を与えることに成功してて
『あはは~、そんなことしてないし~!』
と、図星つかれていたたた~みたいに、へらへらした笑顔でごまかしてる風を装いながら、内心よし!ってなってる。
はてなカーストって幻覚 - 感想文


はてなブックマーク - はてなカーストって幻覚 - 感想文

僕の読み違いなのか、読解力がないからなのかどうも理解しがたい文章にであった。
はてぶコメントを見る限りでは、文章に違和感感じている人はいない感じだし・・・。

どうも引用の文章の行為は、「カースト上位」の人の行動だそうな。

・男子を従えてパンを買いに行かせる
・授業サボって屋上でたむろする

これって、それ以前に、ほめ言葉なんですかね?
昔でいうと、ヤンキーとかチーマーとかそういう部類なんじゃ?

そもそもカースト上位ってなんなんでしょう?!

カーストの上位の人たちは
華があって
強くて優しくて
素直で
劣等感なんて微塵も感じさせない。
ずっと
光の中で生きてきた人。
はてなブックマーク - はてなカーストって幻覚 - 感想文


後半には、こういうのも書かれてるけど、

・男子を従えてパンを買いに行かせる
・授業サボって屋上でたむろする

と整合性がない感じが・・・。

強くってというのは、周りを従わせること?
優しくって、自分に優しく(底辺には手厳しく?)
素直って、自分の欲望に素直?

わがまま放題なんで、劣等感は感じません?
苦労や悩みとは無縁なので、闇をしりません?

引っ込み思案な自分。
人の顔色を伺ってばかりの自分。
陰口に怯える自分。
人に合わせて愛想笑いばかりの自分。
自分を殺したような自分。
大嫌いな自分。
はてなブックマーク - はてなカーストって幻覚 - 感想文


「大嫌いな自分」の部分はさておき、
多くの人は、そうなんじゃないのかなぁと思う。

自分の意見をまず言わない人多数だし
人の顔色を見るのも普通だし
陰口に覚えて気にするのも普通だろうし
愛想笑いで周りになじもうとするのも普通だろうし
でもって、周りになじむために自分をある程度殺すのも普通なんじゃ?!

集団に属したら、結局多くの人たちはそうなると思うけどなぁ。
というか、大人の良識ある人ってみんなこっち側が多数でしょう。

・スポットライトが当たっている私 = 大好き
・スポットライトが当たっていない私 = 大嫌い

もしこの図式が成立するのなら、本当に好きなのは、「私」じゃなくて、「スポットライト」では?

まあ、それは人間としてありがちで普通だとはおもうけど。

つまり、ちやほやされるのが好きだって話ですよね。

・ちやほやされている私 =大好き
・ちやほやされない私 = 大嫌い

カースト上位とか底辺とかいうけど、その実、そういう話なんじゃないの?と思う。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。