予防接種を受けさせない自由が認められないのは、ダメな社会では?!

自由を認めないのなら、義務化してちゃんとするべきなのでは?という話。

それは妻が、
「色々と勉強して、夫婦で話し合って
 予防接種は受けさせないと決めました」
と言ったからです。
 
すると医師は、
体重も少ないですし、予防接種も
受けさせないとなると、
この子にとって良い環境とは言えません
 
勉強して受けない事に決めたのなら、
残念ながらその勉強は間違っています。
 
アメリカの小学校では(なぜアメリカw)
予防接種を打ってない子は危険とみなし
入学出来ないところもあります。
 
「虐待とみなしますよ!」
 
もう一度、夫婦で話し合って決めて下さい。
 
と、3ヶ月後に強制的に
再検診の予約を入れられたそうです。
もちろんそんなもの行きませんが。
二タ見 剣一 - 【予防接種は必要無い!】   「虐待とみなしますよ」   4ヶ月検診で妻が医師から...


はてなブックマーク - 子供の予防接種拒否について思うこと:Unwise decisions尊重の限界 - Noblesse Oblige 2nd by iGCN

予防接種を受けさせる(受ける)ことが、義務(強制)でない限り、受けない自由を認めているのでそれを事実上認めない行為は問題あると思う。

たとえば、ちゃんと勉強したら、ちゃんと理解したら、予防接種を受けないなんていう考えになるはずがないというは、かなり暴力的で身勝手な論理だと思う。でもって、虐待だとか言い出すのも、違うんじゃないか?と思う。

予防接種は一部の人がうけないと効果が半減することもある?ので、全員接種が望ましいということであろうと、義務(強制)でない限りは、各自の判断に任されているということではないか?という話です。

なぜ義務(強制)でないような予防接種が存在するか?といえば、予防接種をうけて不幸な結果になった時に、医者も社会も責任を取りたくない、責任の取りようがないということでそうなってるとしたら、なおさら、各自の判断に任されるべきだろうと思う。

また親の意見が、子供に押し付けられて、子供にとって虐待だという話なら、やっぱり義務(強制)化しない限りダメだと思う。

社会が責任をとらない、社会がデメリットを受け入れないのに、
とある個人が、予防接種を受けないことが、社会全体に影響をあたえるから、それは好ましくないなんて身勝手なことが許されるのか?という話。

・選択の自由はあります
・でも事実上、虐待だとか、反知性主義だとかいうレッテルをはって、その選択をさせないのはダメでは?

名目の選択の自由が、ダメなのはその通りでしょう。

で、自己申告だけど上記の医者の発言を考察してみましょう。
間違ったことは一切言っていない?と思う人もいるでしょうが、「予防接種を受けることが正しい」という価値観だけでの発言になっているという点で、ダメだと思います。

じゃぁ、どういう場合は受けなくてもいいの?という基準がはっきりしてないのでは?という部分ですね。
何らかの理由をつけてるだけで、アメリカでは虐待だとされるとか、体重が少ないからとか、思いつく限りのことを言ってるので・・・。

「体重が少なくなく」ても、予防接種を受けろって言わないのか?という部分です。

じゃぁ、予防接種を受けなくてもよい理由を限定しては?という案もあります。
しかし、それは基本が義務化が前提でないと、そういうロジックはありえないのです。

たとえば、10万分の1だとしても、不幸な結果がおこれば確率なんて意味をなさないかもしれないんですよ。
だって、千年に一度の地震であっても、同じ確率なはずなのに、実際に起こってしまった後と、起こる前では、感覚が変わるものでしょう。千年に1度のためにお金がかかるから対策できないとか言っていても、実際におこれば、対策しだすわけです。

わが子にもしものことがあればと思えば、予防接種を受けさせないという選択肢もあるだろうし、
逆に、もしものことがあると困るので、わが子には予防接種を受けさせようという選択肢もあるだろうとは思う。

つまり、「もしものこと」の想定がまず違うんですね。で、多くの人は、どっちの「もしものこと」も心配して、結局不安を抱えたまま、予防接種を受けることを選択する人も多いとは思う。

予防接種でめったに不幸なことにはならないからとかいう論理は、ある人たちから見れば、わが子への愛があるんだろうかという風に見えることもあると思う。めったに起こらないからと言って、心配しないの?って話。

まあ、実際には、愛はあるでしょう。つまり、表面だけでは、人の気持ちは、なにもわからないんです。

あと、上記の医者の発言は、僕の感性ではパワハラ。
言ってることが正当性があって正しいとしても、パワハラはパワハラ。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。