無趣味という趣味【話題に花を咲かせれる人について】

ぼくは、なんにもない。よく、趣味は? と聞かれることがあるが、なんて答えたらいいかわからない。



ぼくもなにか好きになって、それを趣味にしたいなってそうにはならない。何を好きになっていいかわからなくって、いやでもなんか身の回りに気づいたらあるもの、例えばいつも飲んでいるコーヒーを少しいいランクのものを飲んでみるとかさ、そういう些細なことから初めて見れば? って友人から言われたけれど、全然興味が湧かない
ぼくは、なんにもないひとです。


アウトプットの下手な人は、趣味をもっても、無趣味の状態と同じかもしれないというお話です。
アウトプットといっても、会話に花を咲かせるのが上手かどうかってはなしで、そういうのが上手でない限りは趣味があろうとなかろうと、現状とそう変わらないかもと思います。

「匿名ダイアリーに投稿するのが趣味です」とかでも問題ない時もあるわけで、それからどう話題に花を咲かせられるか?と言う部分が、それが趣味であるかどうかの基準の一つになろうと思う。

人との会話がなければ、はっきり言って、無趣味でも困らないっていうのが本当のところでは?聞かれて困るからとか、履歴書欄に書く時に困るからとかそういう困る出会って、人生が虚しいとか生活が虚しいとかではないことの方が多いとは思う。

まあ、「匿名ダイアリーに投稿するのが趣味です」とかいったら、周りからひかれるだろうなぁとは思う。

たとえば、海外旅行とかいったことがないからそういう話ができないとか思っていても、実際に海外旅行に行っても別になにかを話せるようになったりしなかったりします。たとえ感動したことがあっても、それを表現して伝えられないとかそういう部分でダメだったらそうなるでしょう。

何のために、趣味が欲しいのか?!

ぼくは、なんにもないひとです。

趣味は極めている必要など無いから、休みの日に音楽鑑賞するなら音楽鑑賞が趣味でいいのでは。極めているものだけが趣味だと言い出すとしんどくなる、上を見て目を焼かれる。

2015/07/13 06:53

人と楽しみを共有したり、会話したりはできないけど、
休みの日などに、音楽聞いたり、ドラマ見たりとかするのが好きなら、趣味といえるとおもうんだけど、
なんか、講釈をたれれないと趣味じゃないという感じの人が多くて、息苦しいなぁとは思う。

でもって必要なのは、うんちくをいえることでなくて、話題に花を咲かせれるような、話していて楽しくさせることだと思う。

趣味って・・・

ぼくは、なんにもないひとです。

「趣味は?」と聞く代わりに「何にお金使ってる?」って聞いてる。

2015/07/13 14:20

この観点は、趣味がないとか悩んでいる人にはいい感じだと思う。

趣味という言葉

言葉の定義次第ってことはあるとは思う。

 ある会で、趣味をきかれて「なし」と答えるべきところを、「無趣味」と書いたら、会報に「趣味:無趣味」と印刷されてしまった。「無趣味が趣味ってどういうことですか」。なにか深い意味でもあるように思われてきかれるので困った。あたりさわりのないところでは、「読書」だろうが、読書は趣味というには度を超していてもう悪癖に近い。ゴルフくらいがちょうどいいのだが下手すぎて、趣味にはほど遠い。絵もやったが、不遜にもすぐに画家をめざそうと思ってしまった。音楽もプロになろうと思ってしまった。そういう邪心が災いするので、なかなか趣味の境地には到達しない。

 ところが、このごろブリキのおもちゃを集めるのが、かろうじて趣味の域かもしれないと思えるようになった。はじめた頃には利殖の気持ちもないではなかったが、不況でドーンと値下がりして邪心はすっかり吹き飛ばされてしまった。
無趣味の趣味


僕の価値観では、上記のどれもが趣味の一つになるとは思うのだが、上記の人はそうは思っていないってことですね。

あと、これに似たものが、無趣味だと思っていたけど、実際には趣味らしきある人が意外と多いってことですね。だって、趣味趣向って、好みの話なん・・・。


無趣味が多い職業

ある仕事を長くしているとその職業ならではの特性が身に染み付いて、日常生活にも多く影響を与えることが多いとすれば、デザイナー、とくにアートディレクターの場合、その特性のひとつは「無趣味」ということではないだろうか。
いろんなことに興味がないというわけではなく、むろん逆に様々な物に対して好奇心は旺盛であるのが常である。であるのに無趣味ということが多い。
デザイナー無趣味説 — 日本語の記事 — In Japanese — Medium


ちょっと読んでも僕には理解出来ないが、職業柄無趣味な人もいるって話??

再び、趣味の言葉の定義?!

『ゲーテ』という雑誌ができたみたいで、その創刊号に村上龍の「無趣味のすすめ」というのが載っています。
無趣味のすすめ - jkondoのはてなブログ


なので、趣味を楽しめる人は、老人か、既得権益で悠々自適か、既得権益を得ていて、将来も安泰だと錯覚している人しかいない。
で、私は錯覚していた部類の人だったのだ。
無趣味のすすめ : 住みたいところに住める俺


このあたりも理解できないんだけど、そういう考え方もあるのだろうという話。

あたりさわりのない趣味は、無趣味とかわらないという価値観

ここまでの会話で、彼女は完全に「この人はないな」と判断したと言います。理由は彼が書いた趣味が、彼女にとっては趣味と呼べる内容ではなく、無趣味も同然だったから。
これといった趣味が無いということは、彼女が趣味に費やす時間やお金を無駄だと思われるかもしれない。それは彼女にとっては苦痛だったので、帰宅後、すぐにお断りしました。
多趣味・無趣味・一つの趣味に没頭~結婚に向いているのはどのタイプの男性?【恋占ニュース】 | ココロニプロロ|恋愛×占い


趣味ってなんなんでしょうね・・・。

・・・・

ぼくは、なんにもないひとです。

就活という文化が趣味と特技をごっちゃにする風潮を作った。踊らされた新聞や教師が「それぐらいじゃ趣味には含まれないよ」と言い続けて無知な国民はすっかりそれに洗脳され『空気』が出来上がってしまった

2015/07/13 13:25

ぼくは、なんにもないひとです。

「趣味」の定義が人それぞれで噛みあわない。映画見るの嫌いなのに見てるの?好きで見てるなら趣味だと私は思う。他人に対しても「え?その程度で趣味とか言っちゃうの?」とかバカにしてんのかな。

2015/07/13 14:33

ぼくは、なんにもないひとです。


私も趣味と言えるほどの趣味がないので「休みの日何してるの?」とかって話になるとちょっと困る

2015/07/13 12:46

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。