手書きの履歴書が嫌いな奴とは一緒に働きたくない

手書きの履歴書でないとダメといってるわけではなくて、
そういうのを極端に嫌う人たちとは、一緒に働きたくないというだけの話です。

・PCでの書類作成が苦手なのではないかと感じるから
・手書きで書くことで誠意を伝えようとか考えていそうだから



手間暇を無駄にかけるのが誠意だと思われるのは困る。
面接の限られた質疑応答時間や履歴書の内容で誠意を伝えて欲しい。
枠外の行動で誠意を伝えようとするって行為は最終的に、サービス残業で頑張りを見せますとか、体を壊すほど働いて会社に貢献しますとか、そういうブラックな精神に繋がる。
履歴書が手書きの奴は採用候補に入れたくない


手書きの履歴書が嫌いな人たちの一部には、以下のような傾向があるかと思う。
・(自分基準で)無駄な手間暇がかかるのを嫌がる
・問題が起こった時に、解決するよりも、文句を言うだけになりがち
・臨機応変さがなく、これが理想的・合理的という原理原則しかない
・理由をつけて、あらゆることを正当化してくる
・相手の気持ちをよりも、自分の気持ちが大事(自分かわいい)

理不尽な状況下での許容量が低いような気がするので、一緒に働くとしたらかなり能力がない限りそういう人たちとはかかわりたくないなと思う。

能力があれば、理不尽な状況に陥りにくいのでそういう欠点が表面化しにくいからという理由だけ。

確かにPCでの文書作成が苦手というのはあるかも

でも、今時の大学生や若者はそうじゃないとは思うけどね。

そういう年代でなくて、人を雇いたいときに、PCが使えることのふるいをかけるために、インターネットからの応募とかしたら改善したとかいう話は昔聞いたことがある。

無難な路線はどれ?

履歴書が手書きの奴は採用候補に入れたくない

履歴書は手書きでないと、という人がまだいるのは事実。だから、無難な手として、履歴書は手書きで経歴書はワードって選択肢になる。プリンタ用紙のA4に合わせて履歴書もA4サイズで揃えると吉。俺無職だけどね。

2015/03/07 15:04

履歴書 =>手書き
職務経歴書 =>PC作成(ワード)、A4用紙

心証(誠意?)というのは、相手がどう考えるかに依存するので、どんなに論理武装しても意味がない。

まあ、「手書き履歴書がダメ」というところで働きたくないというのなら、PC作成の履歴書を出せばよいとは思う。ただ、その程度のことで、不採用になるのは嫌だと思うのなら、無難な路線にしたほうがリスクが低いでしょうと言うだけの話ですね。

・手書き履歴書でないとダメ
・手書き履歴書の方が好印象
・手書きでもPC作成でも問題ない
・PC作成の履歴書はダメ

段階というのがあって、どのぐらいの価値観かは明言されない限りわからないかとは思う。

・・・・


紙で提出するメリットが見いだせません。

ほかいろいろ考えられるとは思うけどね。
そのメリットって、自身からみたメリットですよね・・・。

関連記事

「IT業界は残念な人だらけ」というのは本当かもしれない

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。