マザコンなのか、毒親なのか?!

■男性側のミソジニー
男性側のミソジニーの例として、女性に対する性的暴力やセクシャルハラスメント、経済的差別などに加え、広告や映画、文学テクストなどにおける女性を貶める表現などが挙げられている。
■女性側のミソジニー
一方、女性側においてミソジニーは、女性の体に対する羞恥心、拒食症などの摂食障害、性的機能不全、鬱病、女性であることに起因する劣等感や無価値感といった感情の形をとって表れるとされる。
ミソジニー - Wikipedia


ミソジニー垂れ流している男のツイッターを見ると、まず間違いなく母親の文句を書いている。
元々こういう男たちは、自分が女から受けた嫌なことの大半は母親から受けているのである。
それ以外の女とはそもそもろくに接点がないのである。女といえば第一に母親なのである。
自分の劣等感の源も母親が褒めてくれなかった。認めてくれなかった。そんな薄っぺらい理由でしか無いのである。
ネットにいるミソジニー男の9割はマザコン


男性がこじらすと、マザコンだとレッテルをはり
女性がこじらすと、毒親のせいだという。

つまり、この論理って、女性視点なんだろうなぁと思う。

ネットにいるミソジニー男の9割はマザコン


男をマザコン認定すれば女が勝つという考えが結構浸透していると感じる

2015/03/29 18:36

そこまでは言わないけど、そういう違和感はあるなぁと思う。

夫はマザコンだと困るが、息子にはマザコンになってほしい妻たち

立場が変わると、主義主張が変わってしまうという代表的な現象だと思う。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。