管理者(リーダ)は、新人と優秀な人に、速いパソコンを与えるべき?!

会社でPCを買うときは一番速いPCを買うべき.
経費削減だとか言って安物PCを購入させる上司はほとんどの場合が無能.
月1回だけ誰かが使用する何かの専用システムコンソールとかなら安物でも構わない.
けれど常用PCは目一杯コストをかけるべき.



少し考えれば分かる.いつも開いているWordやExcelの起動が2,3秒早くなるだけで,一年を通してどれだけ作業が効率することか.
会社でPCを買うときは一番速いPCを買うべき. 経費削減だとか言って安物PCを..


趣味に走る人たちも、僕の価値観では・・・な部類だと思う。無能でも有能でも地雷を抱えてそうな人物なので僕は近づきたくないと思う。

それはともかく、PCの性能差(新旧)がある場合において、それをメンバーに配布するときは、以下の優先順位で配布する上司は優秀な人が多いと思う。

新人>優秀な人>管理者(リーダー、上司)

新人(中堅にならない人たちを含む)に、新しいマシン、速めのマシンを与えることはよいことだと僕は思う。
で、次に、優秀な人たちに、そういうマシンを与えることも正しい行為だと思う。

一番ダメなのは、一番よいマシンや新しいマシンを、管理者(リーダー、上司)がつかうパターンです。

・実作業をあまりしない人が、良いマシンを使うのは無駄
・権威に応じて、良いマシンを使わせるのは非効率

単純な話はそうなります。

あとは、心情的な問題があります。
やる気の問題や、モラルの問題につながるんで、単にPCの配布と考えない方がよい場合もあるでしょう。


たぶん、こういうことを書いても、その手の上司の目には入らないし、仮にそういう助言をしてくれる人がいても聞く耳持たないとは思う。

要は自己満足型の上司なんですね。上記でかいた趣味に走る人たちも自己満足型なので、地雷が多いかなぁと思うわけです。

まあ、理論武装は色々できて、
上司の3秒と、部下の3秒は、金額が違うという論理なんですね。

・新人の3秒と、ベテランの3秒の価値は違う
・部下の3秒と、上司の3秒の価値が違う

これに対抗できる論理もあって、

・効率が悪い人ほど、良い道具を与えるべき

とか・・・。

何回もやり直しをしないとダメなので、良い道具で無いとますます時間がかかりますよっていう論理ですな。


・・・・

会社でPCを買うときは一番速いPCを買うべき. 経費削減だとか言って安物PCを..

一番速いのを買うよりも、同じ予算を使って購入サイクルを半分にしてほしい。20万のPCを3年使うより、10万のを1年半で買い替えてほしい。

2015/02/25 07:29

PCを使う側としては、場合によってはそのほうがよい時もありますね。

会社でPCを買うときは一番速いPCを買うべき. 経費削減だとか言って安物PCを..


「一年前の最新機種」とかいう格言なかったっけ

2015/02/25 09:06

速いマシンより、安定したマシンの方が良いかなとおもうが、最近はそんなにひどいのはなさそうな気もしなくはないが・・。

会社でPCを買うときは一番速いPCを買うべき. 経費削減だとか言って安物PCを..


今まで会社で新品のPCを割り当てられたことがない(´;ω;`)

2015/02/25 09:15

新人の頃にマトモなPCを与えられた経験がないので、特に新人には、新しいパソコンをと個人的には思う。

新人の頃はそれが世の中のルールで一般的だとおもっていたら、そうでない事例もあるのをその後知って、やっぱりダメなんじゃないのかなぁと思ったわけです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。