「男はヤリたいだけ」「女は金が欲しいだけ」「恋愛はオプションです」

「男性は女性との恋愛に関心はなく、ただセックスしたいだけなのではないか?」
という問いは、非常に本質的で重要なものでありながら、まともに回答できる男は少ない。
良識的な答はこうだろう。
「そういう男ばかりではないよ。現に俺は違うし」
これは嘘ではない。嘘ではないが余りにも考察が浅い。
「男はヤリたいだけ」問題


・恋愛至上主義者
・恋愛を商業的に利用している人たち

そういう人たちが、認識をわざとあやまらせているだけだと思うんですね。

恋愛がものすごく美しくて尊いものように演出するだけでなくて
恋愛は必須とかそういうことを思わせるようにしてきたからだと思う。

クリスマスを煽るのだって、きっとそうだと思う(というか思いたい)

「愛」「恋愛」がオプションだと考えれば、
そういう男ばかりでないとか
そういう女ばかりでないとか
そういう論理はすごく自然に受けいられれると思う。

また、必須ではないので、
やりたいだけ、金が欲しいだけというのも当然普通に存在するわけである

欲望の前には、全てがオプションになりさがる

・恋愛したいだけ(でも結婚はしたくない)
・結婚したいだけ(手間のかかる恋愛はしたくない)
・子供が欲しいだけ(結婚はオプション)
・身の回りの世話をしてくれる人が欲しいだけ(結婚もその他もすべてオプション)

あとは、相手がある問題なので
相手の欲望と一致していればトラブルにならないし、
トラブルを起こしたくなければ、相手を選ぶか、相手の欲望にも「オプション」で付き合う必要があるだけだと思う。

物やサービスを買う時も、オプションかどうかには気を付けないと

※1 オプション機能です

こんなの標準でついてないとおかしいよといっても、
オプションですって書いてあったら、泣き寝入り・・・。

また、細かい字で書いてたりするんですなぁ
それなのに、こんなこともできますって大々的に書いいたりして、購買意欲を煽ってるのに、オプションなんですよ。

もっといろいろあるとおもうけど。
写真はイメージですとかそういうの。

デジカメとかのひどいのになると、
どう頑張ってもそんな写真は撮れなさそうなのに、パンフレットに掲載されてるから撮れるのかな?とおもったら、
撮影データがないものは、あくまでイメージですってスタンスのところが多い気が・・・。

男女問題なんて、
男女特有の問題で無くて、
多くの場合は、何処でもありがちな社会問題?なんだと思う。

男は愛を求め、女は金を求めるとか言ってる人たちもいる

2014年7月29日、ドイツ紙ディ・ヴェルトは恋愛における男女のお金に対する意識の違いを紹介した。



アンケートに回答した女性の70%が「相手の収入は自分と同じぐらいか多くなければならない」と考えていた。一方、男性は80%が収入の多寡は重要ではないと回答。興味深いのは、女性の方が自分の収入よりも少ないことを希望している男性は19%しかいなかったことだ。

また、56%の女性が「恋人に無条件で資金援助することはない」とした一方で、81%の男性が「無条件で資金援助する」と回答。両者の態度にはっきりとした差が見られた。さらに、女性回答者が最も重視した項目の1つには「交際中に私にお金を払わせないでほしい」が挙げられた。

同サイトはアンケートの結果について、「男性は愛情を求め、女性はお金のみを求めている」と結論づけている。
男女の恋愛に明確な違い、男性は愛情、女性はお金を求める―ド...:レコードチャイナ


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。