管理職用の研修(洗脳)は、会社から冷たい仕打ちを受けたらすぐに覚めるけどね

まず到着したら携帯、財布を没収される。逃亡阻止の為。(実際40代くらいのオッサンが途中で逃げ出して捕まってた)



各社バラバラにされ、班を組まされる。これより先は連帯責任。
セミナーの内容はいくつかあるのだが、まず大声で宣誓文を読まされる。限界ギリギリまで、身体を折り曲げて声を出す。
出せない、出せるに関わらず全然出ていないと容赦なく怒鳴られる。会議室の机を挟んだ至近距離で全力で怒鳴られてけなされる。


(ちなみに初級者研修で約10万強、トレーナー研修は20万ぐらいはしてた。
その金額を出してもらえる俺は会社からこれだけ期待されてるという一種のステータスでもあった)
自己啓発セミナーで洗脳された話


研修は、1日3万ぐらいしてもおかしくないので、内容はともなく値段はマトモな研修でもありえる範囲だと思う。
僕自身はその手の研修は受けたことがないけど、話をきくかぎりでは、みんな似た手法を使っているように思う。

・携帯とか預かるという&外部との連絡禁止
・班決めと連帯責任
・大声を出させる

会社から冷たい仕打ちを受けたら

数例しか見たことないけど、
会社から冷たい仕打ちを受けたらすぐに洗脳がとけてたように私には見えました。

洗脳されたんじゃなくて、自ら進んで洗脳されたがったという部分も大きいんじゃないかなぁと思う。
その理由は、会社から冷たい仕打ちを受けたらさめてるところからそう思うわけです。

洗脳された本人よりも、その部下たちのほうが実際には被害者であって、かつ同時に洗脳された本人の利益は、その部下たちの不利益によってもたらされていると思ってもいいぐらいだと思います。

個々にも洗脳に染まりやすい体質があって、上に行くほど、おいしい思いができるという部分ですね。今の理不尽さが、将来への投資だと思えるようになっているところです。

でも、それって洗脳されてるからという部分もあるとはおもうけど、
洗脳されていても、平気で人を踏みにじれる神経がないと、できないと個人的にはおもうけど、

我に返ると、洗脳されていたからできたんだみたいな発言する人が多いわけだけど、個人的には本当にそうなのかなぁと思う。

マトモな会社でも、洗脳とまではいかないけど・・・

社風に染まるというのも、一種の洗脳めいたものであるわけですよ。
なぜ、社風というかといえば、それが世間一般とは違うというものだからでしょう。

忘年会程度でも、洗脳することは理論上は可能だよ。
社風で?、馬鹿なことを強要されて、それをしないといけないとしたら、それは洗脳されている証拠だと思う。

仕事だから、付き合いだからというのは名目で、
一体感とか連帯感を意識させるものって、洗脳めいたものからしか生まれにくいと思う。

体育会系のノリだって、上記のセミナーみたいな原理でつくりだされるわけで・・。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。