新年早々に、年賀状にケチをつけて、人の幸せにケチをつけたがる人たち

毎年、師走が近付くと蒸し返されるのが、子供の写真を使った年賀状の賛否をめぐる論争だ。インターネット上では「ほほえましい」と歓迎する人がいる一方、「子供ができない人もいるのに」など配慮不足を批判する声もあり平行線をたどるばかり。
【日本の議論】「どういうつもり?」「何が悪いの?」…子供の写真入り年賀状の賛否 スマホアプリ普及でますます白熱  (1/4ページ) - 産経ニュース


事情を知って、その人だけ写真なしの年賀状を送る

みんなには写真入りなのに
なぜ私だけ、写真なしの年賀状なの?

変に気を使われるのも、すごく傷つく

と言いだす人もいる。

結局、気に入らないとおもえば、どんなものにでも文句をつけれるのです。

喪中の時に、年賀状がきた

喪中の時に、
年賀状が間違ってきても、そこまで怒る人がいないのなら、
そういうものだと僕は思うけど。

他人の幸福に、ケチつててるんじゃないの?

自分が不幸だから?といって
他人の幸福にケチつけてる行為と解釈することもできるわけで、

そんなつもりはないとかいっても
そう受け止められたら、今度は、どんな文句を言うわけですか?

そんなつもりはない、言いがかりだというのなら、
相手だって、そうかもしれないけどなぁ(汗)

気遣いは、相手に要求するものでない

自身で気づいた人が使うもので、
相手に要求したり、強制したりできないものなんですよ。

気に入らないのなら、年賀状に五寸釘でもさせばよいかと思う

いやいや、人を恨むなんていやと思うのなら、
良いように解釈して、受け流せるようにしたほうがよいと思う。

気に入らないのなら、友達に言いまわって、こんな非常識で気遣いのできないひとがいるんだと言いまくるか?

でも、毎年この手の議論があり、賛否両論があるので、周りの友達・知人が同意してくれるかは分からない。

気に入らないのなら、来年から年賀状出さなければ、2,3年もすれば来なくなると思うよ。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。