精神科・心療内科の簡単なかかり方

周囲から見てどう見ても気を病んでいるように見えるけど、本人が認めない場合、どうやって病院に連れてったら良いのだろうか。そもそも病院に連れてくのが正しい方法なのか。周囲はどう反応してあげればいいのか。

なんか占いみたいにカジュアルに精神科いけるようにならないのかな。行く方も抵抗がないようなさ
簡単にプリントアウトって言うけどさ


周りはどうしたらよいかは、保健所に電話して聞けば、一般論は教えてくれると思うけど・・・。
自治体によっては、心の病だけの専門の電話番号を用意していて、家族とかも相談できるようになってるところが多い。

どうしたらよいか?と分からない、周りの人たちも、カジュアルに相談できるところが必要なんじゃなかなぁと思う。
で、そういうカジュアルな場所として、保健所があると思われます。
そこまでできないというのなら、病院に行けとかいうのも辞めるべきだと思う。

たぶん、心配からでなくて迷惑だからという要素が強いんでは?



周りが困るからという基準はちょっと違うかなと思う。
本人が困るからという基準は妥当な感じだと思う。

精神科は万能でないので、治せるものと治せないものがある

カウンセリングも、占いとは違うので・・・・。
カウンセリングは、人生相談とも違う

話を聞いてもらうだけでも楽になるのなら、
専門家に聞いてもらう必要がない。

警察に相談しても、警察の管轄で警察のできることしか問題は解決できない。
もちろん、警察に行って話を聞いてもらうことで気分が楽になることはある。

精神科・心療内科の簡単なかかり方

近くの病院のことが分からない、評判のよさそうなところがわからない、自分で探すのもできなさそうな時は、
保健所に電話して、教えてもらうのが一番手軽で確実です。

保健所・保健センターは、(区役所・市役所)内にある場合も多いです。

・自立支援医療制度(精神通院)
・精神障害者保健福祉手帳

精神科関係でいうと、保健所・保健センターは上記の手続きが出来るところでもあって、精神科や・心療内科の情報を結構持っています。

診察をうけて1か月以上治療が必要かなぁとなったら、自立支援医療制度(精神通院)を申請すれば、医療費負担がかなり軽減されます。これは、承認されると申請日までさかのぼって適用される制度なので、既に支払った分は医療機関にいえば払い戻されます。

多くの場合は、精神科・心療内科に診察が必要な人って、半年以上通院するケースが普通です。
ちょっといって、すぐに治りますなんてことはないんですね。

あと、多くの場合、美容院みたいに電話予約必要なところも多い。
飛び込みでみてくれるところはあるけど、多くのところはそうではない。

心療内科より精神科の方がよい

なるべく専門でやってる方がよい。
心療内科でもそれ専門でやってるところはマシな場合も多い。

内科も心療内科もやっていますというところは、敷居が低くて初診を受けやすい感じですが、
結局は長期に通院するわけで、治せるところに初診を受けに行った方がお得だと思います。

専門のところの方が、薬の幅もひろくて、
薬の効果がいまいちな場合、いろいろ試行錯誤して変えてくれるというメリットがあるとは思います。

ヤブっぽい医者は、もう少し様子を見ましょうとか、そのうち効いてきますよとか心を軽くするようなことは
言ってくれるけど、薬物治療としてはダメという場合もある。

この手のところは、診察を受けた後は、心が軽くなった気がして治療効果があるように感じがちだけど、次の日になればすぐに戻る。

この手の病気の場合、心証がよい医者が評判がよくて、治せる医者が評判がよいとか限らない場合があるんですね。
客商売のうまい医者の方が繁盛するって構図があるわけです。

話をよく聞いてくれる良い医者とかそういうことです。
でも長く通ってるのに、それほど症状が緩和しない。

でも、人間よいように考えがちなのです。
以前より少し軽くなったからとかそういう具合に・・・。

こんな感じで、素人には見分けることも、治療の効果を比較することもできないので、
保健所で紹介してもらう方が、はずれが少ないこともありますよという話と、
精神科の方がよい場合がおおいですよって言うお話です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。