「アラフォー」でも、数年たった自分自身からみれば、「若い」というのを忘れがち

そして今頃になって「え?もしかして私、ウェディングドレス着たかった?」と狼狽している訳である。
もちろん今からでも着ようと思えば着ることは可能だ。写真だけで満足すると思うので10万円も出せば簡単に夢は叶うだろ



アラフォーババアのウェディングドレスなど正視に耐えないものになるのでは…という恐怖が拭えない。
ウェディングドレスが着たかった


フォトウェディングなら5-6万円でできますよ。
ウェディングドレスが着たかった


台湾の変身写真とか京都の舞子さん体験とか、そんな感じで
旅行先での開放感(財布の紐も)でエーイ!ってできないかね?
台湾の変身写真とか京都の舞子さん体験とか、そんな感じで 旅行先での開放..


写真スタジオの記念撮影プランならレンタル衣裳込5,000円ぐらいからある。
写真スタジオの記念撮影プランならレンタル衣裳込5,000円ぐらいからある。 ..


ウエディングドレスの試着とか出来るところがあって、どんな感じかデジカメでスナップ写真を撮るとかなら、ほぼ無料でできるのでそういうのをやってみても良いかもしれないとおもうけど・・・。

スナップ写真程度でも、ちょっと加工すれば、それらしくなるけどね。

台湾の変身写真とかそういうのも意外とお勧め。
この手の写真て、男でもカッコよくなくても、それらしい写真に仕上げてくるし、
言ってはダメなんだろうけど、女性も一緒だと思う。

写真見せてもらって、カッコよすぎる、キレイに見えすぎてるとかそう感じることも多々あるので・・。

数年たった自分自身からみれば、「若い」

もう若くないけど、年配とも言い難い年齢の場合、今の「若さ」を評価できない傾向にあるかと思う。

写真でも何でも、「今」取っておけば、数年後の自分自身から見たら、十分若くみえるので、撮っておくのは悪くないと思う。

もう若くないといっても、数年後先の自分自身よりは若いんだから。

そういうことを、僕は、後から気づいて、ちょっと後悔した。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。