結婚すると、男は「釣った魚には餌をやらない」傾向にあるが、女も似たようなもの

子どもだって絶対欲しいわけじゃないし、庭付き一戸建てとか要らないし、
安定した生活じゃなくていいし、世間様に後ろ指さされてたっていいわけ!
ただ死ぬまでずっと一緒に居たいし、死んでも一緒に居たい!同じ墓に入りたいんだよ!
石橋叩いてんじゃねぇーーーー!!!!


引用先の人はどうだかわからないけど、

結婚したいしたい病におかされている女性は、結婚すると目的が達したということで、結婚前と態度が変わることが多々あると思う。

それは、男が「釣った魚には餌をやらない」傾向にあるのと同じで、「貧しくても一緒にいられるだけで幸せ」といっていた態度が豹変して、あれこれ要求するようになる女性もどれだけの数いるのか不明だけど、たしかに存在する。

愛が覚めたといえば、聞こえがいいけど、たんに、正当化してるだけでしょう。

石橋を叩いて、砕きたいときがある

そんなに石橋を叩くと、壊れるよという批判があるわけだけど、石橋はその程度では壊れない。

石橋を叩くという行為は、慎重さという面もあるが、不安の表れという部分もあると思う。
でもって、石橋を叩いて壊れてしまったら、諦めもつくっていう感じかなぁ。

石橋を叩きすぎるときは、石橋を渡らないほうがよいということもあるかと思う。
石橋は安全なんだけど、渡った先が危険だとパターンですな。

スポンサーリンク

『結婚すると、男は「釣った魚には餌をやらない」傾向にあるが、女も似たようなもの』へのコメント

  1. 名前:通りすがりへの通りすがり。 : 投稿日:2014/10/27 14:21

    うんそうだね。
    脊髄コメしようとして同じ意見があったからコメ汚し。
    釣りだとしても男子的には勘違いして奮起しそうになる元記事だけど、こんな直情的な女子に煽られて非正規が勢いで入籍してなんとかなるくらい結婚生活も経済の現状も甘くないんだよね。
    ツンデレ恋愛漫画やTVドラマに結婚後は描かれないし、一緒に住んでも仕事か寝るだけの安月給優柔不断粗大ごみに一時の激情がいつまでも通用すると思っちゃってるのが気の毒って言うか。
    そんなゴミに将来設計のない夢見がちな女子が育児で疲れて、“ただ一緒に居たい”って唯一の望みは達成されてるから後は何を求めるかって言うと、貧乏くじを引いたカワイソウな自分への同情、ってパターン?
     そうならないといいね、とは思うけどそれでも乗り越えられるならさっさと自分から動いたら? って思った。入籍できたらご祝儀代わりにコメントくらいは入れてあげるから。

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。