アフィブロガーは、ほとんど儲からないから嫉妬しなくてもよい?!

安く見積もりすぎでは?

例えば月に100万PVあったとしてもアドセンスですら10万程度の収入にしかならない。
これを単なる趣味でちょろっとやった上での副収入だと思えばものすごい金額だが、
24時間ブログを書きまくった挙句、人から文句を言われたりキモがられたりしながらやっと稼げるのがその程度だ。
まともに仕事もできないのでそれがばったり消えたら死ぬしか無い。
アフィブロガーに嫉妬しなくても良くなる考え方


CTR1%前後だと普通のはずなので、広告単価にはよるけど、10万PV、3万ぐらいにはなりそうだし、検索で調べる限りはその程度はいきそうな気はします。また、広告単価は、いわゆる一般人の読者は多いほど高めになる傾向になるはずではある。

10万円と30万円は、微々たる差だと言えなくはないが、10万ならまあと思えても、30万だとそうは思えない人もいるのではないか?と思う

自社広告、Amazonアフィリエイト、Google Adsenseの売上割合を公開します : まだ東京で消耗してるの?
イケダハヤトさんのAdsense収入は大したものだと僕は思います - 情報の海の漂流者

80万PVで、5万円程度みたいですが、あそこのブログの場合は、一等地にアドセンスを貼っていないんですな。

嫉妬というのは、論理的ではないので・・・

会社でもよくあるじゃないですか?
アイツのほうが給料を多くもらっていて、ズルいみたいな感覚が・・・。

でも2倍も多くもらってるわけではなく、1割程度なんだから、誤差の範囲だよという論理が
嫉妬している人に通用するかどうかなんですよ。

1割程度しか多くもらっていないのに、責任を背負わされたり、仕事が大変になるなんて、ばかばかしいとおもえないか?とか言う論理も、1割でも多くもらいたいと思っている人にとっては無意味だとおもうけどね。

嫉妬というのは、僕(私)でもその程度はできると思うからこそ、生じる場合が多いわけであって、
実際には大変だとか、そんなに簡単でないとか言われても、かんけいないと思うけど。

まあ、1割だとしても、年間にするとかなりの額だし
ボーナスとか含めると、1割を超えるんですな・・・。

給料としては1割の差だけど、年収にすると1割以上になるというオチ。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。