なぜ、大人は子供よりもえらいのか?!

長く生きているから?子どもより知識があるとでも?
大人はよく子どものことを「ガキ」という。でも実際の所、「ガキ」なのは大人の方。
「ガキ」のように生意気なのは大人だ。大人は「子ども」だったんだろう?
だったら子どもの考えることが理解できて当然。理解できない大人はなんなんだ?
いや逆に理解できない大人のほうが多いであろう。(←私からみて)

中学2年 女子
大人とはなんなのか。


大人は、子供よりは、えらくないかもしれない。
「えらい」というのは、ある価値観に基づいた相対的な評価だからという面があるからだと思います。

だから、子供からみたら、大人はえらいとは思えないという現象が出てくるのは当然だと思います。

ただし、単に大人が嫌い、特定の大人が嫌いという意味合いなのに、「大人が子供より偉いの?」と考えることは時間の無駄だと思います。

大人が子供よりもバカでも、嫌いなことには変わらないわけですから。

年寄りは、若者の気持ちが分からない

子供と大人との構造は、
年寄りと若者との構造にも似ているんですね。

年寄りが、若者よりもえらい?というのも似たようなものなんだと思う。

もちろん、年寄りのほうが人生経験を長く積んでいるという点で、若者とは違う要素があるのも事実だと思う。
また、年寄りは、若者だったことがあるのだから、若者の気持ちも分かるはずだという部分も似たようなところではないか?と思う。

年寄りの中でも、若者の気持ちを分かろうとする人たちもいて、自身が若者だった時からの類推で、なんとなく理解しようとする人たちもいることを忘れないでほしいかなと思う。しかし、そういう人たちよりも、若者を無視する人たちのほうが印象に残りがちなので、どうしてもなぜ?という感じになるかもしれないなと思う。

子供の気持ちが分からない?!

大人の中でも、分かろうとする人たち、ある程度わかる人たちもいるとは思います。ただし、それを認めることが出来ない状況というのもあるわけです。

周りの大人が、バカに見える現象について

「周りの人間がバカに見えるという病」への対応のしかた

そういう現象は大人同士でもある現象です。
実際には、周りが思っているほどバカでないケースのほうが多いわけですけど、バカだと思ったほうが精神的安定が得られやすいとかそういう一面があろうかと思います。

たとえば、自己の主張が通らないのは、周りが馬鹿で理解できないからだと思ったほうが、精神的負担が軽くなるケースとかそういう場合です。

しかしながら、本当に周りが馬鹿だというケースがあるのも事実です。

大人は、バカだけど、世の中に適応するという面ではそんなにバカではない

処世術とかそういう感じの面においては、子供よりも大人のほうが、優れていると思います。
たぶん、子供からみると、処世術の中には、汚い方法論に見えるものもあるかとは思うけど・・・。

「子供が偉い」というのは、社会が理想的なものであればそうなってもおかしくはないとおもうけど、
世の中は、まだまだ理想的なものでない不完全なものなので、その中で生きていくためには、「大人がもつ賢さ」が必要で、それは長く生きるという経験によってつちかうものだと思います。

子供は、国の運営や会社の経営には向いていない

子供でも起業している人はいますというのは、まあ詭弁のたぐいなのでおいておいて、「えらい」の本質はそういうものだと思います。

子供の時の思いを、大人になっても忘れないで…

なぜか、多くの大人は忘れるような気がします。

子供を大人扱いにしてくれる大人を大事にしましょう

子供というのは、そういう大人を逆に軽視しがちだと思います。

なんで大人は子供より偉いんですか?ただ早く生まれて早く勉強してただ... - Yahoo!知恵袋
大人はなぜ偉いのか? -chieco(チエコ)-
子供は馬鹿にされ!大人は子供より偉い!対等に扱って!

勉強は何の役に立つの? = 勉強するのが面倒だな
大人って偉いの? = 大人のいう事なんて聞きたくない

もしそういう本音があるとしたら、大人に見透かされているとおもうけど。
マトモに相手してくれないのは、そういう風に思われているだけなのかも。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。