ネットの喧嘩に巻き込まれる構図

喧嘩に巻き込まれているのじゃなくて、喧嘩しに行ってるんじゃないの?という雰囲気の時もあるが、しかしながら多くの場合は、当事者たちは喧嘩に巻き込まれているという認識だと思う。

PV稼ぎに、記事やネタ関係で絡んでみたら・・・

話題になってる記事やネタに絡んで、ブログ記事を書くと少ないながらもPVを稼げたりするので、そうする人もいるかと思う。また、特定の場所でのちょっとした著名人に絡むだけでも、PVが伸びたりするので、そうする人もいるかもしれないかなと思う。

しかし、これが、論争や喧嘩に巻き込まれる原因になることが多いかと思う。

なぜそうなるかは簡単で、人間関係のできていないところに、人間関係らしきものを無理やり作ろうとするので、なんらかの抑止力がきかないんですね。

誰かの知人だとかそういうのも一切ないので、沸点がかなり低くても、いざこざになりやすいと思う。また、そういう土壌なので、意見交換するとしても共通認識がなさ過ぎて、そもそも話にならないというのもある。

ちょっとした著名人が陥りがちな部分

周りに知人とはいなくても、土壌みたいなところがあるちょっと発言力はある人が、意外と横暴で厄介だったりするなと個人的には思います。

著名人であろうとなかろうと、初対面とか付き合いが浅い関係であるという部分を無視して、言葉も選ばずに、なにか言いだすと、そりゃぁ喧嘩の種をまいてるのと同じじゃないの?と思う。

言ってること正しいとか、正しくないとか関係なくて、言い方自体(書き方自体)がよろしくないっていうパターンもあるんだけど、そういう部分は無視して、「内容に不備がない」ことを強調したがる傾向にあるかと思う。

これは逆の立場でも言えて、ちょっとした著名人なんだから、記事を批判しても平気だろうと思うと、相手が平気じゃないんですよね・・・。

無視(スルー)するのは難しい

「喧嘩をやめたいなら、相手を無視すればいい」
という意見が散見されるが、直接煽り続けられて無視を決め込める人間は1割も居ない。
なぜなら、無視することもまた次のリスクを生むからだ。
あまり現実的な選択肢とは言えない。
ネットの喧嘩が終わらない構図


相手がなかなかあきらめてくれない。
毎日みたいな粘着でなくても、月に1回とか3か月に1回とか全記事チェックして粘着するみたいなのを何年も平気で繰り返す人たちもいる。

いつか、こちらがミスして、奈落の底に落ちないだろうか?と暗におもっているのではないかと思うぐらい忘れたころに現れたりするので、無視は無視なんだけど、「ああ、またこのひと、相変わらずだな」と苦笑するという悟りの境地までいかないと、無視できないと思う。

オマケに、相手は冷静沈着で、なかなか、この人暴言は吐きましたよとかいう感じのことはしない感じのことも多いので、何かの心理戦かゲームなのかしら?と思う時もあった。

向こうは3か月に1回の気晴らし(ストレス解消)かもしれないが、嫌な思いをしているこちらはかなりの心理的負荷がかかるというなんか納得できない状況になる場合もあるかなぁと思う。

個人的な主観では、2,3年であきらめてくれたら、イイほうだと思う。

明らかに、ヤバい感じの人は、怖いけど無視できる

無視しないほうが、ヤバいと感じさせるからですな・・・。

明らかに無視しないと、こっちが損する、こっちが危害を加えられると思えば、無視することはたやすいけど、
多くの場合はそうでなくて、無視すると、こっちが相手よりも多く損害を被るんじゃないかなと思うので、なかなか無視できないと思う。

自業自得でも、かわいそうに思う

こういう状況を認められない人も、困ったもんだと思う。

人間は、論理でなくて感情のほうに左右される要素が大きいというのが認識できていないんだと思う。

あと、冷静で論理的だと思っている人ほど、実際には融通が利かないという点ではかなり感情的な気がする。
何があっても曲がらないというのは、論理的でなくて、強情だという面もあると思う。

首尾一貫してたらイイと思うのは、状況によりけり・・・・。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。