料理下手な妻は、褒めると料理が上手くなる?!

たとえば
「もっと丁寧にやってほしいなー」
って思ったら

「いつも丁寧でうれしいわ」
って、言ってみる。

丁寧にやってくれる可能性が高まります。
「こうして欲しい」ということは褒めちゃう。 - おうつしかえ


「料理をもっと上手に作ってほしいなー」
って思ったら、

「いつも美味しい料理をありがとう」
って、言ってみる。

そうすると、料理の腕が上がって、美味しい料理を作ってくれるようになります。

不満をぶつけても、料理は上手くならない

感謝の気持ちを持たない人に、おいしい料理を作ろうという気は起こらないもの

嬉しいから、もっとやる

愛してる夫から、ほめられてうれしいーと思うと、もっと美味しいものを作ろうとするようになります。

まとめ

不満を言う前に、ほめてほめて、褒め殺しましょう。

現実の話

おそらく、気分よく料理はしてくれるかもしれないが、料理の腕があがったり、料理の味が上がったりはしないと思う。

だって、僕は「丁寧に掃除してくれてありがとう」と言われたら
このレベルで丁寧なんだったら、もっと手を抜いても大丈夫かもしれないなと思うから。

まあ、100歩譲っても、この程度でOKという解釈になると思う。
だって、好きでやってるんじゃなくて、仕方なく、半分義務みたいなものでやってるんだから・・・。

料理の味がちょっと好みに合わないとか、
掃除をもうちょっと丁寧にやってほしいとか
いろいろ夫婦間であるとはおもうけど、

それを改善するには、年単位の努力が必要だと思う。
一言いえば、仕事なら改善されるかもしれないが、夫婦の場合は無理なことが多い気がする。

「褒めて夫を操縦しろ」みたいなことを言いまわっている人たちもいますけど、
男性側に聞かれるとたぶんイメージ悪いですよ。

でもって、そんなので操縦できるなんてことはほぼありません。単に騙されているふりしてるだけかも・・・。

愚痴をぶつけるよりも、感謝をぶつけるほうがマシって言う話を、
いつの間にか、ほめて操縦しろみたいなものを生み出してるだけでは?と思う。

子供を勉強させるにしても、ほめる程度では無理なのに
旦那だとできると思うのは、どういう思想なんでしょうか?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。