原発作業員は30万も出せば雇えるから、徴兵制なんて現実的でない

自衛隊は志願者が多いので徴兵制は不要と主張する論者が言及しないこと - 誰かの妄想・はてな版
はてなブックマーク - 自衛隊は志願者が多いので徴兵制は不要と主張する論者が言及しないこと - 誰かの妄想・はてな版


嫌なことはしたくないという路線で、徴兵制を云々言っている人と
嫌なことは他人に押し付ければよいという路線で、徴兵制を云々言っている人
は、どっちが、身勝手か?というと微妙な気もするなとは思った。


原発作業員も強制?してないわけだから、志願してると言えなくはないとはおもうけど、どうなんだろうか?という部分もある。

国を守っている原発作業員という立場・・・。
表面上は称賛されるが、誰もやりたがらないという現状。
なかには、そんな作業をして生活しないといけないのが悪いと言いだす人までいる

原発作業員が危険な作業ですが、めったなことでは死にませんし、被ばく量なども管理されているので安全です。

何言っても、目の前のメリット(目的)の前には、無駄なんだろうなと思う

・電気を安定してやすくつかいたいと思う人
・原発という危険性を排除したいと思う人

この両者には、意見交換することさえもままならぬ状況なので、徴兵制云々もまたおなじなんだろうなぁと思う。

・徴兵制なんて現実的でない
・原発なしなんて現実的でない

その「現実」って、どういう条件がついた現実なのか?という部分が重要な気もする。
たぶん、現実というのが、「現状の延長線上」という意味合いなんだろうなとは思う。

そういう現実もありえることを、はなから無視している可能性さえもある。


30万でなくて、50万ですよとか・・・

人数が少ないので、その方式でもOKだけどとかもあるかなとは思う。

訓練は必要、知識が必要とかも、目の前の現実の前には、必要なかったりはなかったりはしないんだろうか?とかもあるとは思う。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。