おっさんになると、新作アニメを見るのがつらくなる理由

おっさんのアニメブロガーが「最近アニメ観るのがつらい」とかたまに書くけど、別に無理して観る必要ないと思うんだよね。


それを、なんであんなに「つれー」「つれー」って言いながらアニメ趣味にしがみつくのか、学生の俺にはよくわからんのだけど。
おっさんは無理してアニメ観なくてもいいのに

好きだから、無理しても見たいんだとおもうけど・・・。

たぶん、もうお腹いっぱいとか言う感じでも、食べだしたら、またそれなりに食べれる状態に似てる気がします。で、それなりに美味しいと・・。

お腹いっぱいなのに、もう食べる必要ないんじゃないの?というのは、論理的にはそうなんだけど・・・・。


 それではテレビの再放送を見るのがなぜ意志や自制心の回復に役立つのか。「好きなテレビの再放送を見る時は通常、自分が何を考えるか、何を言うか、何をするかといったことをコントロールする必要がない。自制や意志を持つことに必要とされる心のエネルギーを使わないで済む。さらにテレビの登場人物との『意思の疎通』を楽しめる。こうした種類の活動はエネルギーを回復させる」
再放送は「疲れた心の癒し」に効果、米研究 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

たとえば、若い頃は再放送を、それも何回も同じものをみるのは時間の無駄だと考えがちだけど
おっさんになると、再放送をみると、なぜか心が落ち着くのを感じるわけです。

その変化とともに、新しいものをみるのが、若いころにくらべて、なんとなくつらい感じがでてくる人も多い気がします。


スポンサーリンク

『おっさんになると、新作アニメを見るのがつらくなる理由』へのコメント

  1. 名前:匿名 : 投稿日:2014/04/29 17:57

    25のおっさんです。とてもよくわかります…!
    ハルヒやらきすたは放送当時こそ「オタクに媚び媚びのアニメ作りやがって…」と毒づいたりもしていましたが、今見てみると当時の世相という属性を被せずに作品単体で楽しめるせいか、とても素直に視聴出来ますね。
    再放送には、「とりあえず流行のアニメだから見ておくか…」みたいな余計な感情やファッションアイテムとしての消費とは一線を画した位置から視聴出来るメリットがあるような気がします。

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。