「混雑していない時にも、優先席に座る」と白い目で見る人たち

他人を非難?批判?するところからは、譲り合いの精神て生まれないとおもうんですね。

目の前に、困った人がいても助ける義務なんてないんですよ。

あと、僕はこんなに困ってるから、周りは助けるべきだという主張もできないんですよ。

つまりね、善意や良識に頼っているものと、ルール(規則)によって縛られているものとは、同じ土俵では話せないと思う。

また、ルール(規則)で決まっていても、周りに配慮する姿勢も大事なのは人間として普通では?

ここは、僕のような体が悪い人が座ってもよいところだから、さっさと健康な人はどきなさいよみたいな態度はゆるされるかどうか?です。

でもって、譲らない人を、こんな非常識で非人間的な人はいないと、Twitterなどで晒してつるし上げることが正義かどうか?です。

なんでも極論言い出すと変になるので、まあ・・・・。

譲るほうも、譲られるほうも、気遣いは大事だとおもうよ

せっかく譲ってあげようとしたら、そんなに年寄りじゃないと怒られたとか本当にあったのかどうかわからない話が流れてたりしますが、そこで、「譲り方が悪かったのかな?」と思わない人が多いのが個人的には気になります。

世の中、親切で行っても、相手にうまく気持ちが届かないことなんて、たくさんあるわけじゃないですか?

嫌なことが1回でもあったら、親切を辞めるって、それって、親切にしたくない理由をさがしてるだけでは?

優先座席に座るのは、非常識?!

Q.混んでいる、いないにかかわらず電車やバスなどの優先席に座りますか?

座る……408人(44.6%)
座らない……508人(55.4%)

「優先席には座らない」という回答が10%ほど多い結果になりました。続いて、優先席に座らないと回答した理由を聞いてみました。


Q.優先席に座っていてお年寄りや体の不自由な方が近くに立っていた場合、席を譲りますか?

席を譲る……378人(92%)
席を譲らない……30人(8%)
電車の優先席って座る? | マイナビニュース

優先席でなくとも席を譲ってもらえることはありますが、大抵女性の方です。年配の方だったりすると躊躇してしまいますが、お言葉に甘えています。
私の場合、健康な時に優先席に座ってると気を使ってしまい、返って休まらなかったのですが、目の前にお年寄りや妊婦さんがいても動じない人って、まったく気にならないのかなというのが気になります。ロシアなんかだと、優先席はないけど、お年寄りが立ってたりすると、座ってる人に周りが「あなた具合が悪いんですか」と声をかけて、席を作ってくれるらしいんですけどね。
優先席に座ってる人の感覚

日本でも、優先座席でも、普通の席でも、譲るように交渉してくれる「おばさん」とかそういう人はたまにだけど見かけますよ。だって、目の前に困ってそうな人がいれば、何とかしてあげたいと思う人はいるでしょう。

僕はそこまではできないけど・・・。できるとしても、気の弱そうな学生に、席譲ってあげられない?と聞いてあげられる程度なんだけど、本当は、弱そうな人に交渉するというところが、よろしくないと僕は思うが、まあ僕のできることはそんなのしかできない。

あと、混んでないときに、仕事で疲れているから空いてたら座りたいなという理由で優先席に座るのも悪いとはいえないと思う。じゃぁ仕事で疲れてなかったら?とか言い出すと、わけわからなくなりそう。



海外には、シルバーシートなんてないんだよ?!

海外においても、鉄道、バスにおいて優先席を設置している事業者は存在する。日本と同様、座席の色を変更したり、ピクドグラムを使ったステッカー等により、他の座席と区別されている。通常、現地語と英語で優先席の旨記載されているが、日本人観光客が多いハワイのTheBusでは、日本語も併記されている。通勤型車両への設置が大半の中、台湾高速鉄道においては、自由席車両各車に設置されており、有料特急において運用している点が特徴的である。
優先席 - Wikipedia

そもそも、海外にあろうとなかろうと、本当は関係ないんじゃないの?と思うこともある(^^;


海外には、満員電車なんてないんんだよ?!

関係ないけど、検索したんで・・・。

では、海外の鉄道は? 少し古いデータですが、2008年の「国土交通白書」参考データ編によると、各地の鉄道の混雑率は次の通り。
・ロンドン   149%
・パリ     152%
・ニューヨーク 71%(いずれも1991年)

東京と比べると、それほどひどくはなさそうですが......。昨年末の英テレグラフ紙によると、運輸大臣が「イギリスで最も混んでいる電車」と発表したのが、7時44分のヘンリー・オン・テムズ発ロンドン・パディントン行きで、定員の80%オーバーだそう。でも、「10人座れる場所ごとに8人立っている」という意味らしく、新聞の見出しにあったように「hell train」というほどのもの? という疑問も。ただ、車内にもともと立つスペースがほとんどないので、「混んでいる感」は数字以上にあるのかもしれません。
日本の満員電車は世界一? 海外の通勤電車事情比較|フレッシャーズ報道|フレッシャーズ マイナビスチューデント

ラッシュアワーの地下鉄は日本並みに混む時もありますが、こちらは男性も女性も距離感を大切にします。ぴったりと他人にくっつく事はまずしません。
あと、スリが多いので、あまり近づくとスリと間違えられるので要注意。

痴漢はいませんが、だからといってロンドンの治安が良いかと言うとそれはまた別問題です。
レイプなどの性犯罪は日本より発生率が比べ物にならないくらい高いので、女性(この国では男性も!)はリスクのある場所、リスクのある時間には出歩かない方が良いです。

ロンドン地下鉄に痴漢がいないわけ|ロンドンのサクラ子のブログ

その時、車両にはそいつと私しかいなくて、しかもロンドンの地下鉄は隣の車両に行く通路がないため、次の駅まで二人っきり。案の定、手や腕などに触ってきて、「日本人だろ?」などと話しかけてきました。
ロンドンで痴漢に遭ったお話 - 人見知り日記

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。